忍者ブログ

20Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21Jun

物書き業界に関する疑問と近況

Posted by somanybooks in WritingJapanese

2010年5月は非常に忙しかったのですが、6月も中~下旬からはまた忙しい日々が続きそうです。というのも、本業ではなく物書きの方の仕事が、不思議なほど増殖しています。最多で、本業以外に3本です。3本。多すぎます。

世の中には、物を書きたいという方が少ないのでしょうか? 私は物を書くことに関して教育を受けたわけでも、特に志があるわけでもないのですが、実務的なものを書く仕事が向こうから私のところに舞い込み始めています。正直、非常に意外でした。物書き業界は間違いなく、仕事は少なく書き手が多い世界だと思っていましたので。

逆に、誰でも書ける実務的な文章を、モチベーションを保ったまま長く書き続けられる方が少ないのでしょうか。一人仕事ですし、正直なところ誰が書いても大して変わらないだろうと思える仕事も多いので、書き物で身を立てたいと志を持つ人ほど、幻滅しそうな世界ではあります。

……理由はともかく、私はまた必死で書き続ける日々に没頭していくんでしょう。文章を書くことは決して得意ではないし、苦手意識も抵抗感もまだかなり強いので、私は未だに、自分がどうして文章を書き続けているのかが分かりません(笑)

「書く意志がある間は、必死に書いていればいいか」と能天気に考えてはいますが、どうなることやら。


関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PR