忍者ブログ

18Dec

「文を藝にするヒント 基礎編、応用編」 菊池寛作家育成会

Posted by somanybooks in WritingJapanese

小説を書く方、小説家になりたい方必読の書です。小説を書くために最低限知っておくべきことが書かれた本です。


■ 説明

掌サイズで、厚さ5mmほどしかないような非常に小さな本です。基礎編と応用編の全2冊で、特に基礎編に長編小説を書くために必要なアドバイスが詰まっています。

基礎編は、まずは小説を書くための心構えから始まり、技法に関しては読み飛ばすところが見当たらないほど、要点が端的に描かれています。登場人物の履歴書作りや、小説の骨子(プロット)など、どれ一つ抜いてもまともな小説に仕上がりそうもないものばかりです。

応用編は、基礎編が身についている前提で書かれており、よりよい小説にするための+αについてアドバイスがなされています。人物に宿命を与えることや、読者の席を用意することなど、小説をより光らせるためのポイントが余すことなく披露されています。


■ 学び(主観的要点)

・芸術の前に、まず自分の飯を食う
 生活し、人生について自分なりの考えを持つ
 小説を書く練習はいらない

・プロット(物語の骨子)
 800~1200字

・まず構成力
 400字28~32枚で起承転結 →長編の骨組み

・美文より、自分の考えが伝わるかどうか

・どうせ書くなら、大胆に


■感想

個人的には、とにかく基礎編を読んでほしいです。筆者は作中で「新人賞約1200作のうち、小説らしくなっているものは全体の5%もない」と悲しんでいますが、それも頷けます。小説書くには、準備を整えるべきことがこんなにあるんですね……。

そして逆に、世の中に出回ってる小説はこうした作業を経ているのかと思うと、文字にならない部分の小説家の苦労が感じられるように思いました。

1冊1~2時間ほどで読めてしまう分量なのですが、読んで損はありませんでした。小説家予備軍の方は是非。


 

(左が基礎編、右が応用編です)



関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること






拍手[0回]

PR

PAGE TOP△

17Feb

「原稿用紙10枚を書く力」  齋藤 孝

Posted by somanybooks in WritingJapanese


■ 主観的学び

・書く行為は長距離走
 原稿用紙1枚=1km
 原稿用紙10枚を臆さず書ける人が「文章を書ける人」
 10枚が書ければ、もっと多い枚数も書ける
 10枚を書くには、文章を構成することが必要

・量から質
 量をこなすと質が上がる、とにかく量を書くべき

・アレンジの束がオリジナリティ
 翻訳もアレンジの一種
 翻訳を通じて自分の文体が作られる
 小説家ポールオースター曰く、「小説を書く以前に翻訳をたくさんやったことが、自分にとって非常に良いトレーニングになった」(出典:「空腹の技法」)

・文章とは、構築物である
 頭の中に書くべきことを構築して、きちんと創作メモを作り、それに基づいて書いていく
 構築するには、考えを突き詰める必要がある
 思考を緻密にしていく、考え抜く(練る)作業

・書くことと話すことは全く別の行為
 書く=定着させること
 書くことは、公共性が高い

・意味の「含有率」を高める

・書く&読む
 いい文章を書ける人は、例外無く膨大な量の本を読んでいる

・書くこととは、価値の創造
 価値を高める、新たな価値を創造する、新たな気づきを与える
 価値を下げる文章を書かない(中傷誹謗を避ける)
 良い文章は、意味がきちんと含まれており、それが第三者にクリアに分かる
 自分の深くまで掘り下げ、自分の中の経験知や暗黙知を言葉にする

・書くことを前提にして読む
 3色の線を引きながら読む 
 赤線:後で引用できる文
 青線:まあまあ重要な文
 緑線:個人的に面白いと感じた文
 感じたことを余白に書き込む
 日付を書いておく
 書くテーマに関連した箇所だけを読む方が、効率的
 制限時間を設け、必要な部分しか読まない
 読むスピードよりも、どの部分を読むかという選択眼を養うことが大切
 「本はあくまでも書くための材料(食材)」と割り切る

・メモ力
 キーワードを拾い、全体を構成する、文章の設計図
 頭の中にある材料を全部紙の上に吐き出し、3色の線を引き、考えをまとめる
 赤線:絶対に書き落としてはいけない重要な部分
 青線:できれば入れたい部分
 緑線:自分の意見
 自発的に書く時は、一定の形までメモを煮詰めておく
 章タイトル・見出しまで書き出しておくと、2ヶ月後でもすぐに書き出せる(思考が後戻りせず、ロスがない)
 量を書く → 構成し直す → 不要を削る → 読めるレベルに持っていく
 小さい絵をたくさん描き繋ぎあわせるイメージ

・暗黙知を呼び覚ます
 1つの物事に対し、3つの事柄を抜き出す

・文体
 文体は各役者の「存在感」
 生命が宿る
 人・世界との距離間を意識する


 

↑ 左が文庫版。右は400字詰め原稿用紙


関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△

13Jun

ウェブライティングを始めるには

Posted by somanybooks in WritingJapanese

ウェブライティングは日本語が書けPCが扱えるなら、どなたでも始めることができます。自分がどのようにしてウェブライティングという仕事を始めたのか、簡単に書き留めておきます。


■ ポータルサイトに会員登録

googleを「ウェブライティング」で検索するといくつかのポータルサイトが出てくるので、眺めていて気に入ったサイトがあれば、会員登録してみてください。

私がお世話になっているのは、@SOHOというフリーランスで働く方向けの情報サイトです。(私自身は今のところ、フリーランスではないです)
@SOHOは、ライターやウェブデザイナーなどフリーで働きたい人と、仕事を外注したい人との橋渡しをしてくれるサイトで、人材と仕事が定期的に紹介されているサイトだと考えていただくといいかと思います。他のサイトはどうかわかりませんが、@SOHOは登録無料でした。

受けたい仕事や一日あたりの希望稼働時間、自己PR文などを登録すると、登録した自分のプロフィールが人材を捜している人に公開されます。そして自分も、公開されているお仕事を閲覧・検索できるようになります。
@SOHO上で募集されているお仕事は多岐に渡り、私が請け負っているようなブログ記事を書く仕事やSEO対策記事の仕事があるかと思えば、イラストレータやHP運営者の募集も行われています。

仕事の質が良いのかどうかはまだ私には判断しかねるのですが、継続してまとまった量の仕事が募集され堅実に運営されているようなので、今のところライティング仕事の基点として利用させていただいています。


■ 仕事に応募してみる

登録後いくつかの仕事を覗いてみて、できそうな仕事があれば応募してみて下さい。賃金が安く思えるかもしれませんが、仕事の経験を積めてお金ももらえることを考えると、得るものは賃金以上に大きいはずです。

私が初めて請け負った仕事は、「クレジットカード」というキーワードを埋め込んだ500文字記事を100本書く、というものだったのですが、仕上げて納品したときの複雑な感情を私はまだ覚えています。2週間で50,000字を書き上げたという達成感と、文字を書くことが本当に仕事になるんだという衝撃を、納品後の私は2つ同時に味わいました。

ライティングは、経験や年齢の関係ない仕事だと思います。10代の学生から本職を持った社会人、主婦や悠々自適の年金生活の方までトライすることができますので、思い立った時にすぐさま始めることができるでしょう。

一度仕事としてやってみると、文字を書くことへの向き不向きなどが分かってくると思います。ちなみに私は、下調べも机に長く向かうこともあまり得意ではないので、「物書きには向いていない」と自分では思っています。


関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△

14May

「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし、文学の蔵(編集)

Posted by somanybooks in WritingJapanese


■本の説明

井上ひさしさんの文章読本。文章をどう書くべきかを作文と言う基本に立ち返り、一般の方々に向けてごくわかりやすく説明されています。
岩手で実際に開かれた作文教室で、井上ひさしさんが4日間かけて話されたことを書籍に仕立て直した本なので、全文が会話調で記されており読みやすく仕上がっています。


■主観的学び

・自分にしか書けないことを誰にでもわかる言葉で書く
  これが文章の秘訣

・夏目漱石の「自己本位」
  自分をよく知る

・常に辞書をそばに置く、辞書を持ち歩く

・読み手の「短期記憶」と「長期記憶」を利用する

・自分を指す人称代名詞は、ほとんどの場合削ったほうがいい

・「思ったことを文章にする」のはプロでも書けない
  小中学校の読書感想文偏重は間違い、できるはずがない
  見たものをそのまま文章にする

・井上ひさしさんの恩送り




関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△

23Jun

ウェブライティング仕事で困ること

Posted by somanybooks in WritingJapanese

ライティングの作業をしていると困ることがあります。残念ながら、「良い文章が出てこない」などという、情緒ある難しさではないです(笑)


■ 資料が見つからない!

私のライティング仕事は、自分の体験談を自由に綴ると言うより、いただいたテーマに関して知識を蓄えて記事に仕上げるという仕事になりますので、質のいい情報が手間なく見つかるか否かが記事の勝敗を分けるといっても過言ではありません。
(といっても記事の目的の半分はSEO対策ですので、記事の出来映えはあまり関係ないんですが……物を書く人間の末席の末席に控える身としては、美しい文章や質の高い内容以上に優先させるものなどないのです。笑)

ですが、いい資料が見つからないこともあります。私は大抵図書館の蔵書で下調べをすることが多いのですが、与えられたテーマがあまりにタイムリーなものだったり、あまりに専門的だったりすると、本がない(見つからない)という悲劇が発生します。

本がないとなると残る手段はインターネットしかないのですが、インターネットで調べる手間と効率の悪さ思い浮かべると、私のやる気は半分ほどに目減りします(笑)
ネットはとにかく、時間がかかる割に情報の量も質もよろしくないんです。検索サイトに行き何度もワードを打ち込んで目的の情報を探さなければならないし、仮に見つかったとしてもよほどのサイトでない限り、情報の質が当てにできません。私も含め、どんな人でも匿名でそれらしい情報を提供できるのが、インターネットという世界の怖さですね。しかも間違った情報、質の低い情報をどれだけ流しても、利用者が怒るわけでも著者が罰せられる訳でもないですので……。愚痴を言っても始まりませんので、いらいらしながらもとにかく調べ、きちんとした記事にまとめようと努力します。


そして、インターネット上にも情報がなく、下調べができない場合はどうするか。...私は諦めて「この記事は書けません」と依頼主さんに白状します。だって本当に書けないんですもの。

情報のないまま何かを書こうとすると、思ってもいないことを書くか、想像してでっちあげるかの二者択一を迫られます。どちらの道を採っても、そうした行為を長く続けると虚しくなり心が荒んでいきますので、私はその前に諦めます(笑)
美しい文の連なりが好きでこうした仕事をさせていただいているのに、その言葉を自ら踏みにじっていると、精神衛生上大変よろしくありません。仕事人としては失格なのかもしれませんが、恐らく私には一生かかっても無理でしょう。


関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△

21Jun

物書き業界に関する疑問と近況

Posted by somanybooks in WritingJapanese

2010年5月は非常に忙しかったのですが、6月も中~下旬からはまた忙しい日々が続きそうです。というのも、本業ではなく物書きの方の仕事が、不思議なほど増殖しています。最多で、本業以外に3本です。3本。多すぎます。

世の中には、物を書きたいという方が少ないのでしょうか? 私は物を書くことに関して教育を受けたわけでも、特に志があるわけでもないのですが、実務的なものを書く仕事が向こうから私のところに舞い込み始めています。正直、非常に意外でした。物書き業界は間違いなく、仕事は少なく書き手が多い世界だと思っていましたので。

逆に、誰でも書ける実務的な文章を、モチベーションを保ったまま長く書き続けられる方が少ないのでしょうか。一人仕事ですし、正直なところ誰が書いても大して変わらないだろうと思える仕事も多いので、書き物で身を立てたいと志を持つ人ほど、幻滅しそうな世界ではあります。

……理由はともかく、私はまた必死で書き続ける日々に没頭していくんでしょう。文章を書くことは決して得意ではないし、苦手意識も抵抗感もまだかなり強いので、私は未だに、自分がどうして文章を書き続けているのかが分かりません(笑)

「書く意志がある間は、必死に書いていればいいか」と能天気に考えてはいますが、どうなることやら。


関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△

11Jun

ウェブライティングの裏側

Posted by somanybooks in WritingJapanese

「ウェブライティング」という名前だけを聞くと華やかな仕事にも思えますが、実際のところは、その真逆といっても良いくらいです(笑)

■ ひとり作業

そもそも物書きは、1人で調べ、1人で書くので、どちらかというと人と接する機会のない孤独な作業です。仕事の依頼も、月に数回メールでやりとりするだけですしね。
マイペースに仕事をしたい方には向いているかと思いますが、人と話しながらわいわい作業したい方には、恐らく向いていません(笑)

■ 薄給

ウェブに載せる文章ですので、無料で公開が原則です。文章そのものを売ってお金が入るような本職の物書き仕事とは異なりますので、基本薄給です。

ウェブに載せる記事は、SEO対策向けの記事であることも多いです。SEO対策とは、googleなどの検索にひっかかりやすくするための施策のことで、「サプリメント」「エステ」などの特定のキーワードを繰り返し用いたり、文字数を一定以上に増やしたりすることを指します。つまり、まとまった量の文章が書いてあって、キーワードさえきちんと埋め込んで装飾してあれば、文章そのもののクオリティは全く関係ないんですね。

そのため、ウェブライティングは誰でもできます。当然お小遣い稼ぎの参加者も多いです。でも仕事はそんなにたくさんある訳じゃないので、必然的に仕事の賃金はますます安くなります。

■ 時間がかかる

私の場合は20記事18000文字だったり、800文字8~24記事だったりという分量なのでそこまで多くもないんですが、それでも文章を書くのにはまとまった時間が必要です。

調べものの時間を除き書く時間だけを考えたとしても、一日2~3時間使ってせいぜい3~4記事しか私は書けません(遅筆です)。とすると、20記事書くのに連続7日はかかる計算になります。実際には本業の仕事が忙しかったりもするので、平日のべ10日間かかることも多いです。休日に物書き仕事をするとかかる日数は減りますが、そのぶん休みもありません(笑)
これだけの時間がかかっても、20記事で賃金1万円を超えることはまずないです☆

■ 総括

つまり、時間と手間ばかりかかってほとんど益がないのが、ウェブライティングという仕事です(!)。特に誇張なしでここまで例証できてしまうのが、この仕事のすごいところですね。

こんな足りないものづくしの仕事をなんで続けているかというと、「ものを書く仕事ができる」という、ただそれだけです。事務でも営業でも、これほどたくさんものを書ける仕事はありません。書きたい人や書くことを仕事にしたい人になら、一度試してみる価値はあると思います。

関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△

03May

ウェブライティングで、気長に18,000字。

Posted by somanybooks in WritingJapanese

たまには、仕事(副業)のウェブライティングの話を。

3週間に1度、600文字×20記事と100文字×60記事の計18,000文字を納品する生活が続いています。〆切は、よく破ります(笑) その節は本当に申し訳ありません……!
雇い主さんが寛大な方なので何とか続けられてるという状況ですが、ウェブライティングを文章修業ととらえるとその効果は大きいです。書けば書くほど慣れ、スムーズに長く文章が書けるようになります。
齊藤孝さんが著書「原稿用紙10枚を書く力」の中で、「長い文章を書く力はマラソンに似ていて、練習すれば少しずつ距離(枚数)が伸びる」と仰られていましたが、まさにその通りだと感じています。


私の場合、執筆はSEO対策のためのブログ記事なので、作業工程は毎回同じで、

下調べ(1~2週間)→ 書く → 雇い主さんチェック → 納品(ブログ更新)

です。

下調べと書くことの両方が苦手ですが、この仕事を続けています(笑) 
文章を書けるようになりたい。すべてはその一心です。

■下調べ

依頼時にキーワードが指定されるので、キーワードに合う文献・テキストをを図書館やインターネットで探し、執筆に必要な情報を集めます。
この作業が、すべての工程の中で最も大事な作業です。この段階の段取りと情報の質如何で、仕上がりの記事の質ががらりと変わります。この工程で手を抜いてしまうと、気の抜けた炭酸水のような文章しか出来あがってきません(笑)

■書く

そのままです。ただひたすら書きます。
書く時は本当にただ書くだけなので、ノートPCやポメラなどの物書きツールが整ってるか、書く時間は十分に確保されてるかなど、ごく基本的な事柄しかチェックすべき項目がありません(笑)

■雇い主さんチェック

全記事が書き上がった段階で、一度チェックしていただきます。記事タイトルを記入漏れすることが、よくあります……。

■納品

私の場合記事をブログに更新するところまでの作業を請け負っているので、更新が完了すると業務終了です。
ブログを新規作成し、用意されているブログテンプレートから好きなデザインを選んで組み立て、そのうえに記事を貼りつけていきます。楽しく、心にも負担のない作業です。


関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PAGE TOP△