忍者ブログ

23Oct

応用情報処理技術者試験 勉強法など

Posted by somanybooks in InformationTechnology

先日、応用情報処理試験に無事一発合格できた(午前問題81.25点。午後問題80点)ので、勉強方法をメモしておきます。



■ 応用情報処理技術者とは

IT系国家資格。4種類あるIT系国家資格の中で2番目に難しい試験。(ITパスポート < 基本情報処理技術者 < 応用情報処理技術者 < 各種高度試験  の順に難易度が高い)
システムエンジニア(SE)プログラマーなどの開発者、サーバエンジニアテクニカルサポートなどの情報システムを運用するサービス従事者、ITコンサルタントなど企業に新しいシステムを導入する職種の人、が受験対象者として想定されています。

詳細は → 応用情報処理技術者試験 公式サイト

試験は、4つの選択肢から正答を選ぶ四肢選択式の午前問題(80問)と、12の分野から6つを選び論述で回答する記述式の午後問題の二つのパートに分かれています。



■ 学習期間・使用テキスト

学習期間: 3ヶ月
使用教材: 午前問題用に「応用情報技術者 ポケット攻略本」(大滝みやこ)
      午後問題用に「応用情報技術者 午後問題の重点対策」
      過去問(5年分)

 

左が午前問題対策、右が午後問題対策


過去問と解説は、こちら
数年分の過去問・解説が公式サイトで無料で公開されています。ダウンロード・印刷も可能。



■ 午前問題の勉強法 (所要時間:1ヶ月くらい)

 1. 午前問題のテキストを一読する
 2. 直近の過去問を2回分(春・秋1回分ずつ)解く
 3. 過去問が70点前後取れれば、午後問題対策へ
   (取れなければ、手順1→2を繰り返す)

午前問題は、あまりに理解度の浅い方を振るい落とすための足切り試験なので、基本情報処理技術者の試験を突破された方であれば、午前問題対策に力を入れる必要はないと感じます。基本情報処理技術者を取得した翌月に、応用情報処理技術者の午前問題を解いてみたところ、正答率約67%でした。
(正答率60%以上で、応用情報処理技術者の午前問題は突破できます)

午前問題の試験対策に使用したのは、「応用情報技術者 ポケット攻略本」と過去問のみです。
ポケット攻略本は馴染みのないIT用語にマーカーを引きながら1ヶ月ほど仕事の合間に読み込み、本試験の直前にマーカーを引いた用語だけ覚え直しました。

応用情報技術者 ポケット攻略本 大滝みやこ 午前問題集 おすすめ

午前問題は四肢選択式なので、10~20分の隙間時間があれば、数問ずつ解き進めることができます。過去問1回分を縮小印刷して通勤鞄に入れておき、通勤時間やお昼休みなど、仕事の合間の隙間時間を利用して解きました。
過去問攻略が隙間時間でできた週の週末は、デッサンやクロスバイクでよく遊びました(笑)



■ 午後問題の勉強法 (所要時間:2ヶ月くらい)

 1. 直近の過去問を解く(2~3回分)
 2. 午後問題テキストを必要な章だけ解く
 3. 午後問題テキストをもう一度解く
 4. 試験直前に、重要用語を暗記する

応用処理技術者試験の肝は、午後問題にあると感じます。午後問題対策は気合を入れてやりました

私が受験した時は大問12問中6問を選択する試験でしたが、経営戦略からシステム監査まで出題の幅が広いので、6問全て自信満々で解ける方は少ない筈です。
試験対策をしなくとも正答率60%以上を出せる問題もあれば、20~30%しか取れない問題もあるなど、ばらつきがあるのが普通だと思います。

確実に得点を取れる分野を知るために、大問12問のうち8~9問を選んで解き、答え合わせをしました。設問には選択肢から選ぶ問題と記述して答える問題の2種類がありますが、答え合わせの際、
 ・選択問題は○(1点)か×(0点)
 ・記述問題は○(1点)か△(0.5点)か×(0点)
と必ず点を付けて採点し、大問1問あたりの合計得点を出しました。
例えば小問が10つ設けられている大問を解き、採点結果が○○○○△△△×××となったなら、その大問は10点中5.5点(正答率55%)、という具合です。
正答率が40%を超えたなら、勉強次第でその分野は正答率60%を超えることができるので、勉強範囲に含めました。正答率が20~40%なら得意分野ではないと判断し、特に勉強せず本番の午後問題でも選択しませんでした。

最終的に、6分野をしっかり対策し、1分野を予備としてちょっと勉強する、というスタイルに落ち着きました。

応用情報技術者試験 午後問題の重点対策 問題集 おすすめ

応用情報技術者試験 午後問題の重点対策 問題集 おすすめ

勉強方法は、「午後問題の重点対策」テキストを順に解き進めるだけです。

ただ、休日はどうしてもだらけてしまうので、本を鞄に入れて持ち歩き、なるべく平日の隙間時間で勉強するようにしていました。特にテキスト1読目は初めて習うことが多く精神的にきついので、会社の昼休みや退社後の喫茶店など、家以外で解くよう心がけていました。(重点対策テキストは持ち歩きには重いのですが、ここは我慢です...)

あと、応用情報試験対策には直結しないのですが、「Webラーニングプラザ」のeラーニングはボイスレコーダに録音し、通勤や家事をしながらよく聞きました。自分の性格上ずっと机の前に座っていることができない人ので、勉強に飽きたら、webラーニングプラザを聞き流しながら風呂掃除や皿洗いをして身体を動かしていました。

 Webラーニングプラザ(現在は閉鎖されてしまいました...)
 http://weblearningplaza.jst.go.jp/



■ システム監査(午後問題問12)について

私は本番でこの分野を選択したのですが、選択する方が極めて少ないと思われる、システム監査についてメモします。

大多数の方は、この科目を選択する必要はありません。仮に選択しても、IT技術は身につかず、かつ、実務でもほぼ使いません。
ただ、①公認会計士になるための勉強をされた方と、②午後問題でどうしても得点が取れない方は、システム監査を選択するのは有りだと思います。

理由① 公認会計士試験の二次試験には「監査論」という科目があります。
監査には会計監査・システム監査・内部統制などさまざまな分野の監査が含まれるので、監査論を学ぶ際に培った思考法が、システム監査にそのまま転用できます。なので、公認会計士試験の受験者であれば、勉強不要(!)で解答可能です。
私も過去に一度監査論を勉強したことがあったので、試験直前に重要用語を覚え直すだけで、午後問題を記述解答することができました。

理由② 「システム監査」は他の11分野と比べると、出題範囲が狭いです。ですので、短期間の勉強が得点につながる可能性があります
しかも記述解答が多いので、要点を押さえ何らかの解答を書ければ、部分点を集めることができるかもしれません。下手に「データベース」など正解・不正解がはっきり出てしまう問題を選択するよりは、良策だと思います。



■ 経営戦略(午後問題問1・問3)について

簿記2級・簿記1級の勉強をされた方は有利です。科目名こそ「経営戦略」ですが、中身は「経営学」と「会計」が半々で、キャッシュフロー計算書やM&A(吸収合併)の際の会計処理などが出題されているので、簿記1級からそれ以上を学習された方にはかなり有利に働きます。

私が受験した時はデューデリジェンス(企業合併時の資産評価)が出題され、「ITの試験でデューデリジェンスを出すか?!」「でも、良い問題だなあ...さすがは応用情報」と解きながら感心させられた覚えがあります(笑)



■ 試験本番

・午後は集中力を切らさない

午前問題は、知識が足りない人を落とすための足切り試験です。応用情報処理技術者試験の本番は午後と考えて下さい。午後問題では、午後問題で疲れた頭でも、短時間で論理的に考え解答を導き出すことが求められます。
午前問題で燃え尽きず、午前の出来が芳しくなくても諦めず、お昼の休憩時間に十分頭を休めてから午後に取りかかってください。

私も試験を受けた際、「午前問題で落ちたかも....」とかなりへこみましたが、蓋を開けてみれば、午前問題・午後問題とも無事合格出来ていました。



■ 資格取得後

・職種変更できた

資格取得後に転職し、電話でのITヘルプデスクの仕事からサーバエンジニア(兼データベースエンジニア)へと職種変更できました。
ヘルプデスクの時は派遣社員でしたが、取得後は正社員になり、年収も150万円増えました。(+通勤交通費&福利厚生付き、退職金は無し)
サポートする企業様の規模も大きくなり、残業時間も月10時間から30~60時間の大幅増ですが...。笑

今の職種が気に入っているので、職種変更できたのが応用情報処理技術者を取得した一番のメリットです。今後はWindows ServerやOracle Databaseの資格を取得して足場を固めながら、サーバエンジニアとして細々と生きていけたらなあ、と考えています。

・年齢や性別に関わらず、職場で存在感を出せる

自分が女でしかも童顔なので、初めて仕事する方から頼りなく見られる(侮られる?)ことがちょくちょくあるのですが、応用情報で学んだ分野については、存在感を発揮できることが多かったです。

今の職場はデータベースエンジニアが多いので、ネットワークやセキュリティに疎い方が多く、セキュリティに関してはほぼ私の独壇場です...。「おっさん連中は偉そうにしている割に、『ゼロデイ攻撃』や『検疫システム』の用語さえ通じないってどういうことなの?」と最初はかなり腹が立ちましたが、ここは自分が周りを引っ張っていく分野だと頭を切り替え、今は周囲の方をちょっとでも感化しようと努力しています。

・高度情報処理技術者試験に挑戦できる

そろそろIT系国家資格で一番難易度の高い「高度情報処理技術者試験」にチャレンジしたいと思っています。

応用情報処理技術者を取得した後、高度情報処理技術者の取得が現実味を帯びてきました。自分の職種とこれまでのキャリアを踏まえると、「データベーススペシャリスト」・「ITサービスマネージャ」・「情報セキュリティスペシャリスト」のどれかを取得することになるだろうと思いますが、いずれにせよ「難度の高い知識・技術を習得した」と第三者から認められるのは、仕事をしていくうえで大きな自信になると思っています。


関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PR

PAGE TOP△

01Jul

eneloopの充電池 パナソニック電工

Posted by somanybooks in InformationTechnology

家の乾電池を充電池に切り替えると、電池が切れるたびに買いに走る手間を省け、生活が楽になりました。


白色充電池 充電器 ホワイト 単三電池 単四電池 eneloop パナソニック
↑ 左が充電器、右が充電池。

 



■ 製品の説明

充電器↑を使い、コンセントから充電できるタイプの乾電池です。
マウスくらいの大きさの充電器をコンセントに挿し、電気のなくなった電池を入れると、7~8時間ほどで充電が完了します。

単三電池・単四電池ともにこの充電器一つで対応し、1回あたりの充電費用は1本あたり0.2円、充電可能回数は約1,500回です。(電気代節約のために、夜に挿して翌朝外すという、深夜電力の利用をおすすめします) 

単一電池から単四電池までの種類があり、どのメーカーも充電池は白色や水色のものが多いです。
(昔発売されていた充電池には、シルバーの色のものがありました。また、キャンペーン中などはカラフルな色の充電池も販売されますので、誤って捨ててしまわないようご注意ください...)

白色充電池 充電器 ホワイト 単三電池 単四電池 eneloop パナソニック
白色充電池 充電器 ホワイト 単三電池 単四電池 eneloop パナソニック


■感想

思っていた以上に充電池が便利でした。購入した当初は、節約への期待も家事時短への期待もなかったのですが、今では随分日々の手間を省いてくれています。

今までは電池が切れるたびに、通勤帰りに家電量販店に立ち寄りレジに並んで買うか、amazonで夜な夜な注文する、といった行動を取るしかありませんでしたが、今では電池が切れれば自宅の充電器で充電するだけなので、お手軽そのものです。

充電回数は各社1000~1500回ですので、1週間に1度ずつ充電すると仮定すると、購入後19年は使用できます
1,000~2,000円の出費で19年間も手間が省けることを考えると購入して損はない、というのが私の結論です。

・メーカー間の差はない

充電池は、今までにSONY・パナソニック・SANYOの3つのメーカーを試しましたが、正直なところ、どのメーカーのものも性能に大差はありません

どのメーカーの充電池も、購入後一度も液漏れなどの故障を起こすことなく、一回の充電で長く使えました。Sony製の充電器にパナソニックなど別メーカーの充電池をセットしても問題なく充電されますので、どのメーカーのものを購入されても差し支えないと思います。

・誤って捨てないで(笑)

黒やシルバーの色をした充電池を購入してしまうと、同居している家族などが充電池だと気づかず、誤って捨ててしまう可能性がとても高いです。我が家も機械に疎い同居人に何度かやられました...。
充電池は「白」もしくは「水色」など色で統一しておいた方が紛らわしくなくて良いと思います。

・単三電池や単四電池は、単一電池や単二電池で代用する

充電池と合わせて使うと便利だな、と感じたのが、単三電池や単四電池を単一電池や単二電池に変えてしまうことのできるケースです。
(「電池アダプター」「電池スペーサー」という名前だそうです)

電池アダプター 電池スペーサー 単三電池や単四電池を単一電池や単二電池に変換 プラスチックケース

そもそも電池は、単一電池でも単四電池でも、中に入っている電力の量は変わらないとのこと。(なら何故大きさが4種類もあるんでしょうね...) なので、プラスチックケースで単三電池を単一電池に変換して利用しても、電池のもつ時間的な長さは変わらないのではと思います。

電池アダプター 電池スペーサー 単三電池や単四電池を単一電池や単二電池に変換 プラスチックケース

しかも単一電池や単三電池は大きい分重いですが、単三電池や単四電池で代用出来れば軽いので、使う電化製品の重さ自体も少し軽くできるのではと思います。

 

↑ 左が単三→単一への変更、右が単2→単1への変更ができるケース



 

↑ 左から単三型4本、単四型4本セット

 

↑ 充電器。左が単三型・単四型4本充電。右は65分で充電が完了する急速充電タイプ



関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple

・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク『カクうす』」アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY








拍手[0回]

PAGE TOP△

29Dec

マイクロソフト社の無料セキュリティソフト "Microsoft Security Essentials"(セキュリティエッセンシャルズ)

Posted by somanybooks in InformationTechnology

マイクロソフト社が無償配布しているセキュリティソフトを、7年ほど前からプライベートPCで愛用しています。無料なのに、シンプルで信頼性が高いところがお気に入りです。


"Security Essentials"のダウンロードはこちらから
(マイクロソフト"Security Essential" ダウンロードページ)



■ ソフトウェアの説明

"Security Essentials"を和訳すると「必要不可欠なセキュリティ」という意味で、その名の通り、PCを保護するための基本的なセキュリティ機能を備えているソフトウェアです。
ソフトのインストールもウイルス定義ファイルの更新も、ともに無料です。

Security Essentialsは、以前4,000円ほどで販売されていた"One Care"(ワンケア)というセキュリティソフトがベースとなっています。
PCに感染するウィルスが海外を中心に暗躍してきたため、マイクロソフト社が無償配布に踏み切ったという経緯があります。



↑ ワンケアはこちら


ネットブックなどスペックの低いPCでも動作するよう開発されているので、通常のノートPCやデスクトップ型PCであれば、動作の遅延を感じることがほぼありません。(お使いのPCに搭載されているCPUとメモリの容量に依りますが)



■ 感想

・高い信頼性

セキュリティソフトをどれにしようか迷われているのでしたら、有料のソフトを購入される前に、セキュリティエッセンシャルズを一度お試し頂きたいです。

私がセキュリティエッセンシャルズを使い始めて早7年程経過し、その間にPCを変えたり、OSを変えたり、アプリを入れ変えたりしましたが、今のところ一度もウィルスには罹っていません。支障なく安心して使い続けていられる点は、さすがマイクロソフト、といったところでしょうか。
先立っては常駐先の企業のPC80台と弟と友人のPCに、security essentialsを導入しましたが、どのPCにも、今のところトラブルは出ていません。

"Security Essentials"のベースとなったOne Careというソフトも、動作が非常に軽く、使ったことのある人には好評なソフトだったそうなのですが、マイクロソフト社は宣伝下手なので、残念ながらあまり売れなかったようです。
マイクロソフト社は、値段がお高い分システムの仕様がしっかりしている製品が多いので、市場に価値を認められなかったのは残念だなと思います。

・一通りの機能が備わっている

業務の都合上、McAfee VirusScan EnterpriseやSymantec Endpoint Protectionなど、他社のセキュリティソフトを扱う機会も多いのですが、個人PCで使用するのであれば、機能的にはセキュリティエッセンシャルズで十分かなと思います。
スキャンに使用するCPUの使用割合を変更することもできますし、スキャンしたくない箇所は除外設定も可能です。



■ なぜセキュリティソフトをPCに入れるのか

IT関連の仕事に従事されている方でも、なぜセキュリティソフトがPCに必要なのか、という事を理解されておらず、仕事中に眩暈を感じることがあります...。

セキュリティソフトを入れると、セキュリティソフトはPCの中で常駐(PC起動後からPCをシャットダウンするまでずっと動作している)しますので、CPUやメモリなどPCのリソースを使ってしまい、PCの動作は少し遅くなります。セキュリティソフトを入れない方が、PCの動作は早いんですね。
ではどうして、そこまでしてセキュリティソフトを入れないといけないのでしょう?

答えは、「第三者から攻撃を受けるから」。

ご自分のパソコンに何のセキュリティ対策も施さずインターネットを利用している方は、「自宅の窓と戸を常時開け放していることと同じ」で、「どうしてお金を払って鍵を取り付ける必要があるの?」と大都会に住む大人が真顔で聞いているのと同じ、と考えて頂ければ分かりやすいと思います。

パソコンもサーバもインターネットに接続して使用することが多く、世界中の人と常時繋がっています。世界中の方がみな善良で、他人に害をなそうという意志がないのであれば、セキュリティソフトは不要かもしれません。

ですが実際には、インターネット上に飛び交うメールの約9割がスパムメール(受信者の意向を無視して勝手に送り付けられるメール)で、ウイルスやマルウェアを勝手に送り付けられパソコンから個人情報やクレジットカードの情報を盗み出される、といった事例は後を絶ちません。
しかも高いITスキルを持った方は他人のPCを遠隔操作ロボットのように操ることができるので、自分のPCが勝手にロボットにされ、他人を攻撃するのに加担させられる可能性もあります。
挙句、インターネット上の犯罪について高齢の日本の政治家の反応は鈍く、法整備が遅れているのが現状です。

最低限自分にできる範囲でお使いのパソコンを守るために、セキュリティソフトを入れてからご利用下さい。



■ 使用上の注意点

セキュリティソフトは、2種類同時に入れておくことができません。PCに既に別のセキュリティソフトが入っている場合は、そのセキュリティソフトを削除した後"Security Essentials"を入れることになります。



"Security Essentials"のダウンロードはこちらから
(マイクロソフト"Security Essential" ダウンロードページ)




関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PAGE TOP△

10Aug

基本情報処理技術者試験 勉強法など

Posted by somanybooks in InformationTechnology

■ 基本情報処理技術者とは

IT系技術者として一定以上の知識・技能があることを認定する国家資格です。IT系国家資格の中では、4段階中2番目に易しい資格です。(ITパスポート < 基本情報処理技術者 < 応用情報処理技術者 < 各種高度試験 の順に難易度が高くなります)
ITパスポートは営業系・事務系の方も取得されることがありますが、基本情報処理技術者はITやシステムを開発・運用する人材としての入門レベルの資格です。

詳細はこちら ↓
基本情報処理技術者試験 公式サイト


■ 勉強法

1. 基本情報処理に関する市販の参考書を書1冊買う
2. 仕事の合間に読む
3. 参考書の読み込みと同時並行で、午前問題の過去問3ヶ年分を解く
4. 参考書読後に、午後問題の過去問3ヶ年分を解く

学習期間:約1ヶ月
使用教材:市販の参考書(1900円)

・過去問(無料)をフル活用

基本情報処理試験は過去に実施された本試験の過去問が公式サイトに全問解答つきで公開されています。どなたでも自由にサイトにアクセスし、無料で印刷・ダウンロードができます。

 ・過去問 (午前問題・午後問題)
 (画面を一番下までスクロールすると、過去問が掲載されています)
 http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani_sukil.html

私は問題集は購入せず、代わりにこちらの過去問を印刷してひたすら解きました。午前問題は1問1答の選択問題なので、忙しい方でも1日十数分ほどの時間が取れれば、自分のペースで解き進めることができます。午前問題をだけでも早めに解いておくと、自分は合格圏内にいるのか、あとどのくらい勉強が必要なのかがおおよそ分かります。

午前問題は四肢選択のマークシート方式で、過去に出題された問題が再度出題されることがよくあります。過去問を十分に解いておけば、合格ラインの60%を上回ることはさほど難しくないと思います。午前問題が70~80%取れるようになれば、早めに午後問題対策へ進んでください。

午後問題はアルゴリズムなど論理的な思考と、IT技術への専門知識が要求とされます。IT系開発・運用の経験者には易しいかもしれませんが、経験のない方ほど問題への慣れが必要です。午後問題に早めに取り掛かり、苦手分野を見つけ余裕を持って潰すことが、合格圏内に入るための近道であり、IT技術者としての基礎を身につける早道だと思います。

・テキスト

知識をインプットするためのテキストとして、私は↓の2010年度版を使いましたが、こちらの本はおすすめしません。(技術用語が身近な言葉で分かりやすく解説されている良書ですが、この本に掲載されていない単語が本試験問題に多数出題されており、試験範囲を完全に網羅した本と言えないため)



情報処理技術者テキストは他にも市販されていますので、
 1. 知らない用語が分かりやすく解説されているか
 2. インターネット上で評判の良い本か
の2点を確認してから購入されると間違いが少ないと思います。ネット上で評価の高い本をリストアップして書店に足を運び、書店で読み込んでからご購入ください。

  

↑ 市販されている基本情報処理技術者のテキスト



■ 試験本番

・午後は集中力を切らさない

午前問題は、知識が足りない人を落とすための足切り試験です。基本情報の本番は午後と考えて良いと思います。午後問題では、午後の疲れた頭でも短時間で論理的に考え解答を導き出すことが求められます。午前問題で燃え尽きず、午前の出来が芳しくなくても諦めず、お昼の休憩時間に十分頭を休めてから午後に取りかかってください。

・とにかく男性が多い

基本情報処理技術者の試験会場に行ってみて驚いたのが、とにかく男性が多いことでした。全体の8割程度が男性で、しかも、お世辞にも小綺麗とは言えない服装で来られる方、試験開始直前におかしな挙動をされる方などもいらっしゃいました。女性は雰囲気に呑まれないよう、特に注意してください。
普段女性の多い職場で働いている私も少々面食らい、IT世界で生き延びるということは男性社会で生き延びることと同義なんだな、と改めて認識しました。


■ 資格取得後

現時点では転職や職種に大きな変更もなく、今まで通り働いています。ただ、以前から登録している転職サイトで受信するスカウトメールが増えてきたので、IT技術者として転職される方にはメリットがありそうです。

目先の仕事よりもむしろ、自分にとって最も大きな収穫は、応用情報処理技術者にチャレンジできることです。基本情報の資格は取得されている方がそれなりにいるのですが、応用情報レベルの技術者、しかも女性ということになれば、ぐっと数が絞られてきます。

女性は結婚・出産・家事や家族の都合などで退職・キャリアダウンを余儀なくされることも多いのですが、早めにこうした資格を取得しておくことで、大幅なキャリアダウンを防ぐことができるように感じています。


関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」







拍手[0回]

PAGE TOP△

14Feb

「iPod classic 160GB」  apple

Posted by somanybooks in InformationTechnology

楽しく語学を学べるツールを、また1つ見つけました。


■ 製品の説明

音と動画のポータブル再生機です。手のひらの半分ほどの大きさで薄さは5mmくらい。ポケットに入れて持ち運べ、いつでもどこでも音楽やムービーを楽しむことのできる機械です。
iPodに入れることができるのは、CDやデータなどの音楽・音声と、apple storeなどインターネットからダウンロードしてきた動画・ビデオ・ムービーです。

iPodを利用頂くにはパソコンが必要で、パソコンにiTunes(アイチューンズ)と呼ばれる無料のソフトウェアをインストールし、そのソフトを通じてiPodに音楽をコピーします。

色はシルバーとブラックの2色です。


■ 感想

最近語学学習にiPodを使い始めました。複数の英語学習書籍でも紹介されているように、確かにiPodは語学学習と相性の良いツールだと感じます。

まず、軽くて持ち運びがしやすいので、語学学習の必要条件である継続を強くサポートしてくれます。

かつ、ipodのメーカーであるapple社が用意してくれているコンテンツも、語学学習と親和性の高いものばかりです。apple storeを覗くと、英語を中心とした多言語のコンテンツが日本とは比較にならないくらい充実していて、データ容量の許す範囲でどれだけでもiPodに入れることができます。
しかもコンテンツの大半が無料です。音楽あり、ラジオあり、ニュースあり、マサチューセッツ工科大学など有名大学の講義あり、となれば、貧乏症の私などは「使わない方が勿体ない」という気分になります(笑)

一時期私もすっかりiPodとapple storeにはまりこんでしまい、楽しそうなコンテンツを次々ダウンロードしてはiPodの中身を入れ替え、通勤時間に聴いていました。(丁度その頃に、TOEICスコア850を突破しました)

ただ、自由度が高い分、自分に適したコンテンツをきちんと選ぶ必要がある、と感じています。海外コンテンツは字幕がないものも多いので、楽しく続けられるコンテンツを選ばないと、挫折するのが早いです。幸い、コンテンツのジャンル・難易度とも幅広いので、時間をかけて探せば自分に適したものが見つかるように感じています。

・windows media playerとの互換性

私の音楽管理ツールはiTunesではなくwindows media playerが基本なので、CD等のハードウェアからのデータはwindows media playerを通じてWMV形式で保存しています。ですが、iTunesから.WMVのファイルを開くことでiTunesに音楽を取り込み、iPodで.WMV形式のファイルを再生できていますので、互換性はさほど問題にはならなさそうです。

iTunesにwindows media playerから取り込んだ音楽ファイルを表示させるには、iTunes上で[ファイル]-[ファイルをライブラリに追加]の順にクリックし、表示させたい音楽ファイルをクリックしてください↓
iTunesにwindows media playerから取り込んだファイルを表示させる

(windows media playerが第一管理ツールになっているのは、iTunesよりwindows media playerが優れているからではなく、単に私がまだiTunesを含むApple社のソフトに慣れ親しんでいないためです。iTunesに関しては、まだ当分修行中です...)

・選び方のポイント

基本的には、保存できるデータ量にお値段は比例します。動画を存分に楽しみたい方なら100GB以上の大容量をお勧めしますが、音楽等の音を中心に楽しみたいなら、より小さい容量のiPodをお安く購入される方が、少しの出費で大きい満足を得られるかと思います。

ただ、iPodのユーズド品は市場に出回る数が少ないため、値段が1万円を下回ることはまずありません。現在は、メモリの過多よりも市場に出回る数に値段が左右されているようです。
お手頃価格のiPodを見つけたら、注意深く吟味し、買い逃すことのないようご注意ください。

   

   

↑ 上段左の2つが160GB、上段右が120GB
  下段左2つが80GB、下段右2つが60GB



関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PAGE TOP△

12Feb

「windows 7 ultimate」 microsoft

Posted by somanybooks in InformationTechnology

プライベートでwindows 7 Home Premium, Professional, Ultimate(enterprise)の3種類を利用する機会があったので、それぞれの機能比較と、お安く購入するコツをまとめてみました。


■ 感想

・Ultimateのデメリット -- メモリ2GB以上の高スペックが必要

会社のPC(vista Ultimate, windows 7 Ultimate)が快適なので、プライベートで使っていた旧型PCにwindows 7 ultimateをインストールしたところ、動作ががたがたになり酷い目に遭いました。起動は遅い、ウィンドウが開くのが遅い、ウィンドウをたくさん開くとフリーズする、など全体的に動作が不安定で、イライラして結局取り外してしまいました。
一番の原因は、メモリが1GBしかないPCに、windows 7で一番高機能(=動作が重くなる)なUltimateを入れてしまったことのようです。

ですので、Ultimateをインストールされたいのであれば、32bit版のインストールでもせめて2GB以上、理想は4GB~8GBのPCを用意されることをおすすめします。
(会社PCは、vista・7ともにメモリ4GB搭載でした)

となると、5年以上前に購入したパソコンで、メモリを増設していないものには軒並みインストールできないことになってしまいます。
PCに詳しい方は日頃からメンテナンスされているので問題ないでしょうが、「PCには詳しくない」「できればメンテナンスなんてしたくない」とお考えの方には、Ultimateはおすすめできない、と言わざるを得ません。
こうした方には、よりシンプルで動作の軽いPCを実現できる、Home PremiumもしくはProfessionalをおすすめします。


・Ultimateのメリット -- 情報保護機能の高さ

ただ、Ultimateには、Professional・Home Premiumにはない、Bit Locker(ビットロッカー)という機能があります。
Bit Lockerとは、PCに内蔵されているハードディスクを丸ごと暗号化してしまう機能で、企業向けPCにはよく導入されています。この機能を有効にすると例えPCが紛失・盗難に遭った場合でも、暗号化を解除できなければ、PC内に残されているデータを読むことはできなくなります。

しかもこの機能は、ユーザ側の作業を妨げになることはほぼありません。適切なユーザがアクセスすれば、PC起動時に自動的に暗号化が解除されますので、ユーザはデータが暗号化されていることさえ意識しないでしょう。

もし医師や弁護士など、デリケートな情報を常日頃扱う方であれば、PCにパスワードを設定するだけでなく、Bit Lockerを利用するのは情報の保護に非常に有効な手段と言えます。ultimateもここ2~3年のうちに作られた高スペックPCであれば快適に動作しますので、操作性・PCスペック・保護したい情報・お値段等々を比較しつつ、導入を検討されることをおすすめします。


■ DSP版でwindows7を半額以下で購入する

windows 7 をお安く購入する秘訣として、DPS版を取り上げてみたいと思います。
PCの知識をある程度お持ちの方であれば、こちらの方法がおすすめです。

DSP版というのは、ハードウェア製品とセットで売られているOSのことです。PCに装着するメモリやハードディスクドライブなどとセットで販売され、そのハードウェア製品を使用している間だけ利用できるOSという位置づけですので、通常より安価に販売されています。

製品パッケージは通常版より簡素ですが、PCに導入してしまえば、通常版のwindows 7と機能的な違いはありません。操作方法なども全く同じで、他のwindows 7と同じようにご利用頂けます。

ハードウェアとセットで販売されるという販売形式上、もし何らかの不具合があった場合は、マイクロソフトではなくまず販売元に問い合わせることになります。


■ アップグレード版でwindows7をお安く購入する

今ご利用になっているPCが、windows vistaでそのパソコンをwindows 7に変更したいと考えてらっしゃるなら、windows 7 は通常版を購入する必要はなく、より安価なアップグレード版を購入されることをおすすめします。

アップグレード版は、1つ前のバージョンのOS(現在はvista)から、最新のOS(現在はwindows 7)に更新する際だけに利用できる、より安価な製品です。
アップグレード後は通常版の製品と同じように利用でき、機能的な制限はありません

Ultimateのアップグレード版は、すべてのvistaユーザ(home basic/home premium/professional/ultimate)でご利用頂けます。vistaのHome Premiumをお使いの方がwindows 7 Ultimateのアップグレード版を購入しPCに適用すると、パソコンはwindows 7 Ultimateとして生まれ変わります。

ただ、XP → windows 7の移行には、アップグレード版はご利用頂けませんのでご注意ください。もし間違って購入された場合は、返品をおすすめします。
(XP → vistaに変更してから、vista → windows 7に変更することもできますが、費用も手間も倍近くかかりますので...)


  

↑ 左から順に、通常版、DSP版(32bit)、アップグレード版。




関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PAGE TOP△

12Feb

「windows 7 professional」 microsoft

Posted by somanybooks in InformationTechnology

プライベートでwindows 7 Home Premium, Professional, Ultimateの3種類を利用する機会があったので、それぞれの機能比較お安く購入するコツをまとめてみました。


■ 感想

プライベートで使っている自宅のノートパソコンの中身を、最近XPから windows 7 professionalに入れ替えました。
仕事ではvista ultimate(enterprise), windows 7 ultimate(enterprise)を利用していますが、正直なところ、プライベートで使うのであればprofessionalで十分かな、と思っています。


Ultimate(Enterprise)との比較

Ultimateとは、professionalよりも価格が高く高機能なWindows7です。(ultimate = enterpriseと考えて差し支えありません。両者は販売方法が異なるだけで、OSの有する機能は同じです)
windows 7 professional と windows 7 ultimateを比べた際、機能上大きく違うのは
 ①35種類の他言語へ切り替えが可能
 ②Bit Lockerが利用できる
の2点です。

①は、日本国内の日本語が母語の方が利用されるのであれば、特に必要ない機能かと思います。(少なくとも、外資系に勤め英語・フランス語のwebを読む私でも必要性を感じません)

②のBit Lockerも、PCで極めてデリケートな情報を扱う方(医師・弁護士・会社役員など)でなければ、特に必要ない機能かと思います。
Bit Lockerとは、PCに内蔵されているハードディスクを丸ごと暗号化してしまう機能で、企業向けPCにはよく導入されています。この機能を有効にすると例えPCが紛失・盗難に遭った場合でも、暗号化を解除できなければ、PC内に残されているデータを読むことはできなくなります。

ただプライベート用PCの場合、そもそもPC起動時のパスワードすら設定していないパソコンが大半です。その場合たとえBit Lockerを設定していても、盗人がPCに何の苦労もなくログインできてしまいますので、敢えて手間と費用のかかるBit Lockerを設定する必要もないのではないかと。

そう考えると、プライベートPCにはprofessionalまでかな、というのが私の結論です。


Home premiumとの比較

PCに詳しくない方であればhome premiumをおすすめします。何と言っても安いですし、機能が少ない分動作も軽いので、5年前に購入した旧型PCやネットブック(超小型のノートパソコン)でも導入できます。
(導入後スムーズに動作するかどうかは、それぞれのパソコンのスペックに依存します。少なくとも私が5年前に購入したメモリ1GBのパソコンでは、home premiumは正常に動作しました)

ただ、ある程度PCに詳しい方、これから詳しくなりたい方であれば、思い切ってprofessionalにトライしてみるのも良いかと思います。OSはPCの枠組みを規定するものなので、この枠が狭いと、PCであれこれ試してみたいのに実現できず、結局PCを買い替えることになりかねないからです。
professionalまでお持ちであれば、ホームグループの作成からドメイン参加まで行えますので、プライベート利用であれば「windows7の所為でできない!」と腹立たしい経験をさせられることはないと思います。


■ DSP版でwindows7を半額以下で購入する

windows 7 をお安く購入する秘訣として、DPS版を取り上げてみたいと思います。
PCやハードウェアの知識をある程度お持ちの方であれば、こちらの方法がおすすめです。

DSP版とは、ハードウェア製品とセットで売られているOSのことです。PCに装着するメモリやハードディスクドライブなどとセットで販売され、そのハードウェア製品を使用している間だけ利用できるOSという位置づけですので、通常より安価に販売されています。

製品パッケージは通常版より簡素ですが、PCに導入してしまえば、通常版のwindows7と機能的な違いはありません。操作方法なども全く同じで、他のwindows7と同じようにご利用頂けます。

ハードウェアとセットで販売されるという販売形式上、もし何らかの不具合があった場合は、マイクロソフトではなくまず販売元に問い合わせることになります。


■ アップグレード版でwindows7をお安く購入する

今ご利用になっているPCが、windows vistaのbusinessで、そのパソコンをwindows 7に変更したいと考えてらっしゃるなら、windows 7 は通常版を購入する必要はなく、より安価なアップグレード版を購入されることをおすすめします。

アップグレード版とは、1つ前のバージョンのOS(現在はvista)から、最新のOS(現在はwindows 7)に更新する際だけに利用できる、より安価な製品です。アップグレード後は通常版の製品と同じように利用でき、機能的な制限はありません。

但し、アップグレードできるPCには制限があり、windows7 professionalのアップグレード版は、windows vista businessからの移行にしか利用できません。
windows XPからwindows 7への移行に、アップグレード版はご利用頂けませんので、ご注意ください。もし誤って購入された場合には、返品をおすすめします。
(XP → vistaにアップグレードしてから、vista → windows 7にアップグレードすることもできますが、費用も手間も倍近くかかりますので...)


  

↑ 左から順に、通常版、DSP版(32bit)、アップグレード版。




関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PAGE TOP△

12Feb

「Windows 7 Home Premium」 microsoft

Posted by somanybooks in InformationTechnology

プライベートでwindows7 Home Premium, Professional, Ultimateの3種類を利用する機会があったので、それぞれの機能比較お安く購入するコツをまとめてみました。


■ 製品の紹介

Home premiumはその名の通り、家庭向けに作られたwindows7です。企業向けwindows7 (professional,ultimate,enterprise)ほど他機能ではないものの、windows 7の基本機能を備えています。


■ 感想

今まで使っていたPCを弟に譲る際、PCの中身をXPからwindows 7 Home premiumに変更しました。
5年以上前に購入した旧型PCに入れても問題なく動作し、軽くて使いやすかったのが特に印象的でした。

windows7は動作が軽いと一般的には言われていますが、インストール時に必要となる要件は実はあまり低くなく、旧型PCはそのハードルを越えられないことも多いです。
私が使っていたPCもその1つで、メモリが1GBしかありませんでした。windows7の導入要件がメモリ1GB以上ですので、ぎりぎり条件を満たしてはいますが、動作が遅くなるなどPC全体のパフォーマンスが落ちるのではないかと危うんでいました。

案の定、そのPCにwindows7 ultimate(最も多機能で重いwindows7)を導入した際には旧型PCは耐えきれず、ウィンドウが開かない・カーソルがなかなか動かないなどの不具合が出てしまいました。
仕方なくultimateを削除し、買い増ししたhome premiumをインストールすると、同じwindows7なのに不思議なほど動作が軽くなり、さくさく快適にwindows 7 を楽しむことができました。

professionalとの比較

windows 7 professionalは、home premiumより上位の、より機能が充実したOSです。個人的には、PCに詳しくない方にはhome premium、ある程度詳しい方にはprofessionalをお勧めしたいと思います。
「PCは普通に動きさえすれば良い」「PCに特に付加価値は求めない」という方であれば、home premiumで何ら問題ないと思います。home premiumの方がお安く、動作も軽いですしね。

詳しいお話をすると、professionalであれば、
 ①ドメイン参加 
 ②windowsXPモード
の2種類の付加価値がついてくるのですが、①は一般家庭では間違いなく必要ありません(笑) 中規模以上の企業・組織で多数のPCを管理する際に必要となる機能です。

②も、実際にXPモードを利用するとなると、仮想化のできるソフトウェア(500MBとやや重い)をインストールし、XPとwindows7を同時に動かすためにメモリをがっつり積んだ高機能PCを用意することになりますので、こちらもやはり、一般のご家庭では必要ないかな、と思います。

windows 7 ではXPモード以外にも互換性を向上させる機能が2~3種類備わっていますので、そちらで十分対処できるのではないかな、というのが私の素人意見です。

・windows 7 starterとは

ちなみに、windows7にはhome premiumより更に機能を抑え動作を軽くした、windows 7 starterというOSも用意されています。ですが、残念ながら、このOSはソフトウェアのみで購入することはできません。
ネットブックという超小型のノートパソコン向けに作られたOSであるため、市販のネットブックに内蔵された形でないと入手できないようになっています。

丁度兄がネットブックを持っていたのでwindows 7 starterを使わせて貰いましたが、メモリ1GBという低めのスペックのPCにも関わらず、動きが軽く快適でした。使用感は悪くないので、PCに充実した機能を求めず、ネットとメールだけ出来れば良いという方には、適したOSになるかと思います。


■ DSP版でwindows7を半額以下で購入する

windows 7 をお安く購入する秘訣として、DPS版を取り上げてみたいと思います。

私は今回、windows 7 home premiumをDPS版で10,000円ほどで購入しました。通常販売されているhome premium(通常版)が20,000円を越えていることを考えると、半額以下の値で購入できたことになります。

DPS版というのは、ハードウェア製品とセットで売られているOSのことです。PCに装着するメモリやハードディスクドライブなどとセットで販売され、そのハードウェア製品を使用している間だけ利用できるOSという位置づけですので、通常より安価に販売されています。

製品パッケージは通常版より簡素ですが、PCに導入してしまえば、通常版のwindows7と機能的な違いはありません。操作方法なども全く同じで、他のwindows7と同じようにご利用頂けます。

ハードウェアとセットで販売されるという販売形式上、もし何らかの不具合があった場合は、マイクロソフトではなくまずは販売元に問い合わせることになります。


■ アップグレード版でもお安く購入できる

今ご利用になっているPCが、windows vistaのhome premiumで、そのパソコンをwindows 7に変更したいと考えてらっしゃるなら、windows 7 は通常版を購入する必要はなく、より安価な「アップグレード版」を購入されることをおすすめします。

アップグレード版は、1つ前のバージョンのOS(現在はvista)から、最新のOS(現在はwindows 7)に更新する際だけに利用できる、より安価な製品です。
アップグレード後は通常版の製品と同じように利用でき、機能的な制限はありません。

但し、アップグレードできるPCには制限があります。
vista home basic もしくは vista home premiumからwindows7 home premiumなど、限られたバージョン同士の移行にしか利用できません。

また、XPからwindows 7の移行にアップグレード版はご利用頂けませんので、ご注意ください。もし間違って購入された場合は、返品をおすすめします。
(XP → vistaに変更してから、vista → windows 7に変更することもできますが、費用が倍近くかかるうえ、手間もかかりますので...)


  

↑ 左から順に、通常版、DSP版(32bit)、アップグレード版。




関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PAGE TOP△