忍者ブログ

05Feb

鉛筆デッサン:Tequila and Karugamo(製作途中)

Posted by somanybooks in Painting

まずはかるがもに羽根を生やしてあげるべき。

かるがものぬいぐるみ テキーラの空瓶 鉛筆デッサン

関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PR

PAGE TOP△

05Feb

鉛筆デッサン:Old Radio

Posted by somanybooks in Painting

プラスチックラジオ 年代物 革製のケース 鉛筆デッサン


関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PAGE TOP△

13Jan

家事の時短:磁石つきフックに小物を吊り下げる

Posted by somanybooks in Painting

おたまや傘などの小物を磁石つきのフックに吊り下げて保管すると、水滴が自然に切れる上、手に取りやすいので便利です。

磁石つきフック マグネットフック キッチン 台所 コンロ おたま フライ返し 計量スプーン 保管方法






■説明

マグネットフックは、プラスチック部分の後ろに磁石が付いているフックで、金属の壁にひっつけて小物を吊り下げることができます。

磁石つきフック マグネットフック キッチン 白色 シルバー 小さい Sサイズ 耐荷重1kgまで

フックの大きさや、何kgの重さのものまで吊るすことができるかは、各製品によって異なります。例えば、レックのマグネットフック↑は、重さ1kgまで吊るすことができます。
フックに吊るせる重さが重いほど、お値段もお高くなる傾向があります。



■感想

ちりも積もれば山となる時短の第●弾(既に回数忘れました...)。
耐荷重1kg迄吊るせるマグネットフックは、百円均一のフックより少しお高いんですが、大量購入して正解だったのでシェアしておきます。

マグネットなので勤続製品にしか取り付けられないという難点はあるものの、取り付け自由配置変えも自由なので、必要なところに必要な数だけ柔軟に配置できるのが便利でした。

今のところ、

 キッチン......おたま・フライ返し・計量カップ・計量スプーン・輪ゴムを掛ける
 玄関......折り畳み傘・靴べら・日よけ帽子・自転車の鍵を掛ける
 自室......電化製品のコードが床に付かないようコードを乗せる
 勤務先......鞄・折り畳み傘を掛ける

の用途で利用しています。
特に便利だったのが、小物の多いキッチンと、物を置くスペースの少ない勤務先の二か所です。

・1~2kgまで吊るせれば十分

3kgを超えるものを吊るせるマグネットフックも販売されていますが、ご自宅で使われるのであれば、500gから1~2kgくらいまでのものが吊るせれば十分だと思います。マグネット付きフックを使い始めて10年近くになりますが、「もっと高性能なマグネットフックを買えば良かった...」と思ったことが今まで一度もなかったので(笑)

フックはどれも小さいので、1つのフックに吊るせる量はあまり多くありません。
耐荷重3kgを超えるマグネットフックを買うくらいなら、耐荷重1~2kgまでのフックを複数買って、分けて吊るした方が、家事を進める上でも便利だと思います。

ただ、500g以下のものしか吊るせないフックだけを揃えてしまうと、肝心な時に物を吊るせなくてイライラする場面に出くわすと思うので、お気をつけ下さい(笑)

 

↑ 左が1kgまで、右が1.5kgまで





拍手[0回]

PAGE TOP△

13Jan

家事の時短:くるぶしまで隠れるもこもこ冬スリッパ

Posted by somanybooks in Painting

冬しか使えないスリッパですが、寒いと家事の能率が下がる(≒やる気が出ない)ので重宝しています。

家事の時短:くるぶしまで隠れるもこもこ冬スリッパ ムートン ウール 羊




■説明

くるぶしから下が完全に隠れるタイプの冬の室内用スリッパです。

スリッパの内側は、羊の毛を思わせるようなもこもことした柔らかい素材で覆われています。底の部分も厚めに作られており、冷気を遮断し、体温を逃しにくい作りになっています。

家事の時短:くるぶしまで隠れるもこもこ冬スリッパ ムートン ウール 羊



■感想

春~秋はスリッパが無くとも過ごせますが、冬はスリッパがあるとぬくくて楽ですね。
かかとの覆われていないスリッパは、家事をしている時に脱げてしまうので、かかとまですっぽり入るタイプのものを便利に使わせて頂いています。

数年前冷え症の身内の為に一足だけ購入したのですが、便利であたたかく、取り合いになることが多かったため、同じ冬の半ばに追加でもう一足購入しました。
特に風呂上がりは靴下を履くのが億劫なので、素足のままこの冬スリッパを履いて過ごしています。

家事の時短:くるぶしまで隠れるもこもこ冬スリッパ ムートン ウール 羊

↑ 拡大図


・大きめサイズで購入する

中がもこもこしているせいか、成人男性用に購入した室内履きを普段Sサイズな女性が履いても、脱げる気配さえなかったです。ので、普段のサイズより2~3cmくらい大きいサイズを購入しても、差し支えないと思います。

冬スリッパは主にご自宅で履くものなので、足がむくんでいたり、身体が疲れ切っていても、履いてリラックスできるものが理想です。
小さめサイズを無理して履くより、ワンサイズ大きいものを選んであげて下さい。


・春~秋は物置で保管

スーパーで貰う白いビニール袋を被せ、埃が入らないように口を縛って、物置や押し入れで保管します。
冬の初めに出し忘れることが時々あるので笑、クリスマス用品と一緒に仕舞うなど、忘れにくい工夫しておいても良いかもしれません。

  

↑左端が管理人が購入したもの











拍手[0回]

PAGE TOP△

12Jan

製作で使用している画材紹介 --色鉛筆--

Posted by somanybooks in Painting

■色鉛筆(自宅編)

キャンバスに向かいながら「どの色を置こうか」とあれこれ思案し、試行錯誤をすることが多いので、全ての色が見え、色を思案しやすいよう、青系・緑系・赤系の色別に保管する方法に落ち着きました。

油性色鉛筆 水彩色鉛筆 保管方法 家 自宅 手作りペン立て

↑ 足かけ20年以上かけて集めていると、このくらいの本数になりました(笑)

芯の硬さ・軟らかさメーカーごとの違いは完全に無視した保管方法です。誰もが通る道「MITSUBISHI」の色鉛筆から、恐ろしく芯の柔らかい色鉛筆やクーピーペンシルまで、見事にごちゃ混ぜです。芯の硬さなどはある程度感覚で覚えてしまうので、意外と問題無しでした。

覚えきれないのは、「2色を混色した時に生まれる色」です。
鉛筆のまま使用して線を掛けあわせたり、芯を削って混ぜて塗ったり、混色の仕方にもいろいろありますが、バリエーションの数が多すぎるのでどうしても覚えきれません。混色表を作ってみた時期もありましたが、やはり数が多すぎて途中で投げ出しました。こればっかりは、これまでの経験と直感に頼るしかなさそうです。

ちなみに、水彩色鉛筆と普通の色鉛筆も区別せずです。
一緒くたに保存するとさすがに混乱するんじゃないかと思い最初は別々に保管していましたが、欲しい色が見つからず結局両方の保管場所を探しに行くことが多かったので、私にはこちらの方法の方が合っているようです。

油性色鉛筆 水彩色鉛筆 保管方法 家 自宅 手作りペン立て

↑ お気に入りの色鉛筆ほど短くなるので、短い色鉛筆でも見失わないよう、低いペン立てが付いていると便利です。

ペン立ては祖母が牛乳パックで手作りしたものなので、近所のバザー以外では売られていません(笑) 似たような作りのペン立てでリンクを貼っておきます↓

 


...持つべきものは手先の器用なおばあちゃん、ですね(笑)


・油性色鉛筆

ちなみに、私は油性色鉛筆(油絵で使用するオイルで溶かすことのできる色鉛筆)は殆ど持っていないです。嫌いな訳ではないのですが、不思議と油性色鉛筆には縁がありません。家に油絵のオイルが無い所為でしょうか...。

質の良い油性色鉛筆で色を塗った箇所を、オイルで軽く湿らせたティッシュで軽く撫でると、とてもあざやかな色のグラデーションが生まれます。試してみられたい方は、お気に入りの色の油性色鉛筆1-2本と、油絵のオイルを準備してお試し下さい。

 

↑ 36色入りの油性色鉛筆と、油絵のオイル。
amazonは油性色鉛筆のばら売りをしていないようです...




・参考:アイブロウライナーを画材扱いする

お化粧する時眉を描くのに用いるアイブロウライナーや目元を描くのに用いるアイライナー(ペンシルタイプ)などは、質感が芯の柔らかい色鉛筆と似ていて、個人的にはかなりお気に入りの画材です(笑)
なので、使わなくなったアイブロウライナーetcは、緑系色鉛筆と一緒に保管しています↓

アイブロウライナー アイライナーペンシル 画材

↑ キャップのついているものがアイブロウライナー

力を入れずに、濃く太くやわらかな線が描けるので、大量にクロッキーを描きたい時などに楽しく使用しています。



■色鉛筆(自宅編)

色鉛筆を家から持ち出す場合は、ペンシルホルダーを使っています。
ペンシルホルダーについては → こちら

ペンシルホルダー ダーウェント 革製 30本入り

ただ、鉛筆と違い、色鉛筆は1枚の絵で数十本使うことも珍しくないので、30本入りのペンシルホルダーでは入り切らないことも多くなってきました。
ペンシルホルダーを1つ買い増そうか、現在検討中です。

ペンシルホルダー ダーウェント 革製 30本入り












拍手[0回]

PAGE TOP△

29Apr

名画マグネット(冷蔵庫用)を手作りする

Posted by somanybooks in Painting

最近、冷蔵庫に貼るマグネットを美術作品で自作することに目覚めました。自宅の冷蔵庫が名画揃いの美術展(しかも常設展)になります。



↑ 自作の名画マグネット(葛飾北斎浮世絵編)


■ 材料

・裏がマグネットになっているタイプの広告
 (「水道トラブルを解決します」というのものが多いです)
 無ければ、100円均一ショップで売っている大判サイズのマグネットでokです。

・美術展のちらし
 駅や美術館に無料で置いてあるやつです。
 手元になければ、インターネット上のものを印刷するなり、自分で描くなり、お気に入りの絵が印刷してあるものならokです。

美術展のちらし 名画マグネット自作

・はさみ(もしくはカッターナイフ)

・mtの色付きマスキングテープ(紙テープ)
 無ければ、セロテープでもokです。

mtマスキングテープ 名画マグネット  自作 メイキング 手作り

↑ mtのマスキングテープ

  


↑ 左が管理人使用中の幅6mmのタイプ、右はやや太めの幅10mmのタイプ
 柄や色はお好みでどうぞ。
 テープは名画マグネットで額縁の役割を果たすので、濃いめの落ち着いた色が使いやすいです。が、amazonでは落ち着いた色の取り扱いが少ないので、大型文房具店やLOFTなどで購入することをおすすめします。


■ 作り方

事前準備) 広告マグネットと美術館ちらしを暇なときに集めておきます

1) 美術展ちらしに乗っている自分好みの絵を好きなサイズに切り抜きます

名画マグネット  自作 メイキング 手作り

2) 切り抜いた絵と同じ大きさになるよう、マグネットを切ります

名画マグネット  自作 メイキング 手作り

3) 上が絵、下がマグネットとなるよう重ねて、マスキングテープで四辺をとめます
  テープがまっすぐになるよう頑張って下さい。テープが斜めになってしまったら、一度はがして貼り直します。(マスキングテープであれば、粘着力があまり強くないので綺麗にはがせます)

名画マグネット メイキング mtマスキングテープで止める

4) テープのはみ出した部分を、はさみで切ります

名画マグネット  自作 メイキング 手作り

5) 出来上がり

名画マグネット  自作 メイキング 手作り


■ 使い方

冷蔵庫に貼って、通常のマグネットと同じように使っています。ついでに、会社のロッカー机の引き出しにも貼り、仕事の合間に名画を眺めては癒されています。

浮世絵(葛飾北斎)自作冷蔵庫マグネット

↑ 浮世絵(葛飾北斎)の冷蔵庫マグネット


■ 余談

美術展の後のショップで名画が描かれたマグネットが売られていたのですが、1つ数百円とちょっとお高め。しかも、自分の好みの絵が売られていませんでした。

「これなら自分で作った方が安上がりだし良いかも」

と安直に考え、作り始めたのが写真の品々です。
1つ5~10分くらいで作れるので、まとめて作っておいては「冷蔵庫印象派展」をしたり「冷蔵庫浮世絵展」をしたり、気分と家族の好みに合わせて楽しんでいます。

名画マグネット 自作 手作り メイキング

↑ 我が家の冷蔵庫。今はルノワール展+モネちらし。

気心の知れた間柄であれば、マグネット2~3枚をプレゼントとしてお渡ししても喜ばれます。実家の母は、近所でお世話になった方によくプレゼントするそうです。
母を見習って、私も同僚の美術好きな女の子に浮世絵マグネット2つをプレゼントしてみたところ、予想に反してかなり喜ばれ、渡したこちらの方がびっくりしました(笑) 


関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PAGE TOP△

31Dec

製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--

Posted by somanybooks in Painting

水彩は、先生に師事して専門的に学んだことはなく、水彩画の本を読み漁っての独学です。こちらを踏まえた上でお読みくださいませ。


■水彩絵具

中学生の美術の授業で買い与えられたものを、未だにメインで使っています。

水彩絵具 コープ

使い慣れた絵具の方が、色を混ぜる際に出来上がる色の想定がしやすいです。絵具を単色で使うならカラーチャートを作っておけば事足りますが、水彩は絵具を混色して使うことの方が圧倒的に多いので、混色のしやすさは重要なポイントです。(作業の速さから作品の出来栄えまで、製作全般に大きく影響してくるので)
あと、このCoopの絵具には、「きはいいろ(黄灰色)」やかなり赤みの強い「あかむらさき」など、何でこれが一般向けの製品に入っているんだろう、と首を捻りたくなる色が何本かあり、それらが私の好みに大変マッチして良い仕事をしてくれます(笑)

・カラーインク

サブとして、カラーインクをよく使います。
カラーインクについては → こちら

カラーインク ドクターマーチン

カラーインクを使うと、通常の水彩絵具にはない透明感とあざやかさな色を出せるのですが、カラーインク単品で使うとあざやかすぎて画面からそこだけ浮いてしまうように思うので、通常の水彩絵具と混ぜて使うことが多いです。

・ホルベイン透明水彩

ホルベイン 透明水彩

上記2つの絵具でも欲しい色がない場合は、ホルベイン透明水彩を使っています。10年以上経ってもチューブが錆びたり絵具が乾燥したりすることがなく、助かっています。




■水彩パレット

中学生の頃から、ずっとこのパレットを使っています。

水彩パレット 水彩絵具 筆

陶器でできたお皿のようなパレットもありますが、持ち運びや取り扱いのしやすさを考えると、プラスチックパレットの方が性に合っているようです。このパレットは2段階の折りたたみ式になっており、一度に多くの絵具を乗せてそれらを全て把握することができ、かつ、色を混ぜるスペースが広いところが気に入っています。



↑ amazonでよく似たパレットの取り扱いがありました。

amazonを眺めていて、絵具を置くスペースが広いパレットと、色を混ぜるスペースが広いパレットの大きく二通りがあるのかな、と感じました。絵具を置くスペースが広いパレットは、大きな絵を制作する方向けでしょうか。個人的には、混色であれこれ試行錯誤して、小さくても満足度の高い絵を描きたい派なので、混色スペースの広いパレットの方に軍配が上がりました。

また、パレットは殆ど洗いません。
プロの方も洗わない、というのをどこかの本で読んで以来、根がものぐさなのですっかり洗わなくなってしまいました。軽く10年以上洗っていないように思います。代わりに、絵具を混ぜる広い部分が汚れてきたら、水を浸した古布でふき取ります。

水彩パレット 水彩絵具

・チョコレートの箱をパレットとして使う

Van Gogh 固形水彩絵具 チョコレートの箱のパレット

最近変わり種のパレットも使い始めました。
チョコレートが入っていた小箱が、Van Gogh(ヴァン・ゴッホ)の固形水彩絵具の入れ物にぴったりだったので、パレットとして使ってみています(笑) Van Goghの絵具を普通のプラスチックパレットに乗せて使おうとすると、動いた拍子に床に落ちてしまって困っていたので、当面この菓子箱パレットで様子を見てみようかと思います。

Van Gogh 固形水彩絵具 チョコレートの箱のパレット


■水彩筆・筆入れ

水彩筆・筆入れ

↑私が一番よく使う筆

水を多く含む柔らかい筆が、個人的にはとても使いやすいです。この筆のほかに、細かい部分を描く細い筆と、水を画面いっぱいに広げられる太い筆を併用しています。

筆入れは、中学校の美術授業で買い与えられたものを未だ使用中です。水彩の画材はこれがとても多いです...(笑)


■水入れ

水入れには全くこだわりがなく、ジャムの空き瓶や和風だしの入っていたプラスチックのボトルを流用しています。
たっぷりの水で絵具を溶かすと水彩特有の透明感が出るそうなので、コップより大きいサイズの入れ物を使う方が水彩絵具の良さを生かせると思います。


関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー






拍手[0回]

PAGE TOP△

30Dec

水彩色鉛筆画:ガラスボトル ~炭酸シリーズ~

Posted by somanybooks in Painting

5本の飲み物全てに炭酸が含まれているので、「炭酸シリーズ」です(笑) 描いていてとても楽しかった。

水彩色鉛筆画:ガラスボトル~炭酸シリーズ~ ラムネ瓶 コーラ瓶 シャンパンボトル ドイツ風?ビール瓶


関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PAGE TOP△