忍者ブログ

04Oct

色彩検定3級 勉強法・試験・感想など

Posted by somanybooks in Painting

念願の色彩検定にようやく取り組むことができました。
3級はとても易しいので忙しい方でも取りかかりやすく、気軽に達成感を味わえます。私は3級が楽しかったので、2級に進む自信と意欲を頂きました。


■ 勉強法

学習期間:2週間
使用テキスト:公式テキスト、色彩検定2級問題集
費用:受験料7000円、テキスト代

市販されている公式テキストを読み込むだけで、十分に合格圏内に入ることができます。
事前に問題を解き慣れたい方は、公式テキストに加えて、図書館などで3級の問題集を借りて2~3日解いてみる、といった軽い準備で十分だと思います。

私は色彩検定2級取得を視野に入れていましたので、2級の問題集を購入し易しいめの問題を解いてみることで、色彩検定の問題に慣れました。

 

↑ 左が色彩検定公式テキスト3級編(定価2835円)、右が私の使用した2級問題集(定価2500円)

  

↑ 市販されている3級の問題集


また、1~3級の過去問すべてを含む問題集「色彩検定過去問題集」も市販されていますが、3級・2級の取得であれば特に不要かと思いますので、紹介は省いています。


■ 試験本番

・試験時間が短く、問題数が多い

70分の試験時間で、大問が15~16問あり、大問1問あたり5~10問程度の小問が出題されます。つまり、1問にかけられる時間が1分未満と非常に短いため、即断・即決・即記入で次々に問題をこなしていくことが求められます。
逆に言うと、1問~2問が分からなくとも十分に挽回できる余地がありますので、多少解けなくとも気にせず先に解き進めるのがおすすめです。

見直しが出来る時間が5-10分ほどしか取れないと思いますので、見直したい問題にはチェックを付けておき、チェックを付けた箇所だけ検討するなど、効率良く見直しする方法を考えておいてください。

・試験会場の雰囲気

女性が多め、若い方が多め、です。8割ほどが女性だったように思います。男性の方は、試験問題云々よりこちらの雰囲気に呑まれないようご注意ください。


■ 感想

・楽しかった

仕事の合間の試験勉強でも負担にならず、楽しかったです。
公式テキストが良くまとまっていて読みやすいこともあるのでしょうが、「あざやかな色彩を毎日眺めて暮らせる」というそれだけで、私には十分楽しかったです。女性で色彩がお好きな方であれば、同じ感想を持たれる方も多いのではないかと思います。

・色彩検定に対する適性が分かる

3級はあまりに易しいので、3級は取得せず2級からトライされる方も多いのですが、個人的には3級の取得をおすすめしたいと思います。

3級の学習を経験すると、色彩検定に対する自分の適性が分かります。3級の学習を楽しめる方、続けられる方は、2級に進み勉強量が増えても、挫折せず色彩に触れ続けることができるのではないかと思います。
逆に3級を楽しめないのであれば、色彩を理論的に考えるという適性に乏しいため、仮に1級を取ったとしても、その後「仕事」として色彩を続けるのに苦痛を伴うのではないか、と思います。


関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PR