忍者ブログ

15Feb

「デッサン・絵画用 鉛筆ホルダー(30本収納)」  Derwent

Posted by somanybooks in Painting

私の鉛筆デッサンの必需品です。この布ペンシルホルダーのお陰で、画材の持ち運びが随分楽になりました。


■ 商品の説明

先を尖らした鉛筆30本を、折ることなく持ち運べるツールです。
布ホルダーの真ん中がゴムバンドになっているので、ゴムバンドの間に鉛筆を1本ずつ挟み、巻物のようにくるくると巻いて、ボタンで留めて持ち運びます。
ホルダーの端には、練り消しゴムなどの小物を入れることができる小さいポケットがついています。


■ 感想

デッサン教室に自転車で通う際、折角カッターナイフできちんと尖らせた鉛筆が自転車の振動で2本も3本も折れてしまうため、思い切ってこちらのペンシルホルダーを購入してみました。
上質な素材で出来ているのか、使っていて心地良く気分が落ち着くところもお気に入りですが、機能的にもとても優秀でした。

まず、鉛筆が何本でも入るところが素晴らしいです。
鉛筆デッサンの際、描く題材によって4H、2H、H、HB、B、2B、4B、6Bと、濃さの違う8種類の鉛筆を使い分けます。また、描いていて芯が折れてすぐ別の鉛筆に移れるよう、よく使う2H~2Bに関しては鉛筆を各2本ずつ用意します。
そうすると、鉛筆だけで13本必要で、更に練り消しゴム(明るい用と暗い用の2種類)、鉛筆を削るためのカッターナイフ、短い鉛筆のための金属製のペンシルホルダーまで使っていると、毎回かなりの道具を持ち歩くことになり、今までは筆箱がごちゃごちゃになってしまって大変でした。

このペンシルホルダー購入後は、全てこのホルダーの中に、定位置を決めて収める事ができるようになりました。毎週末繰り広げられる筆箱カオスから解放されただけでも、気分が晴れやかです。

色鉛筆ホルダー 鉛筆デッサン用

色鉛筆ホルダー 鉛筆デッサン用

↑ クリックすると画像が大きくなります。

あと、アスファルトの片道40分の自転車通学でも、不思議なほど鉛筆の芯が折れません。元々色鉛筆用(鉛筆よりも芯が柔らかく折れやすい)のペンシルホルダーである所為かもしれませんが、1cm以上芯を伸ばした鉛筆も折れないのですから、大したものです。
デッサンをする時、芯が尖っていないと作品の仕上がりが悪くなるので、芯を折れずに持ち運べるのは重宝しています。

色鉛筆ホルダー 鉛筆デッサン用

鉛筆や色鉛筆などの芯が柔らかい画材で絵を描かれる方で、今後長く絵画を続けるご予定の方、写生会など屋外での製作をたくさん控えてらっしゃる方には、布ペンシルホルダーをおすすめできます。軽くて持ち運びがしやすく、長く使えるので、早めに使い始めると「芯が折れる」・「鉛筆が見つからない」・「支度にいつも手間取る」などの手間が省け、製作に集中できる環境が作れるかと思います。

反面、いつも屋内の決まった場所で製作される方、ペンやマジックなどの硬い画材で製作される方には不向きです。そういった方は画材が壊れる心配がないので、立て置きのできるペンシルスタンド(↓)などの方が、使い勝手が良いのではないかなと思います。ペンシルスタンドの方が、お値段もお安いですしね。



↑ ペンシルスタンド

  

↑ 左端が管理人愛用の鉛筆ホルダー。
他にも何種類かあったので、ついでに掲載しておきます。



関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PR