忍者ブログ

21Aug

「やさしい顔と手の描き方(drawing head and hands)」 A・ルーミス (著), 山部嘉彦 (翻訳)

Posted by somanybooks in Painting

人物画の頭部と手を、より肉感的に、リアリティを込めて描きたい方におすすめです。


■本の説明

人物画のデッサンのなかでも、特にスキルの要求される頭部と手のデッサン方法についてを取り上げた本です。

著者であり、卓越した作画技術を持つ美術家でもあるルーミス氏は、前作「やさしい人物画--人体構造から表現方法まで」でも頭部や手の作画を含めた質の高い講義を行っていますが、今回の本は頭部と手のみについて深く掘り下げ、バランスのとり方や描画のポイントを説明しています。

ルーミス 鉛筆デッサン 手のプロポーション

↑ 本を読み、鏡で自分の手を見ながら、手デッサンの練習を重ねます。


■感想

前作「やさしい人物画--人体構造から表現方法まで」が非常に良質な本だったので、前作を読んだあと、改めてこちらの本も購入してみました。

前作もそうだったのですが、ルーミス氏は著作の中で美術家の心構えデッサンに取り組む際の考え方に言及している点が素晴らしいですね。
今回の「やさしい顔と手の描き方」の冒頭でも、「なぜ頭部を描きたいのか」について自分の中を深く見つめ返してみるよう示唆されています。頭部や手は骨格や筋肉が複雑に入り組んでいるため、どんな方でも、上達までに長い忍耐と努力を必要とする部位です。自分の中にある理由に気付き、折に触れその理由を思い返すことが、結局は上達に近づく秘訣なのでしょう。

頭部に関してはとにかく全体のバランスと骨格を重視し、目鼻などのパーツを頭部に組み立てる技術が大事のようですので、作中のモデル画を模写しつつ、じっくり腰を据えて身につけていこうと思っています。

正直なところルーミス氏ほど正確で美しい人体デッサンを描ける方は少ないと思いますので、私は当面、ルーミス氏の指導に一字一句従ってみるつもりです(笑)

ルーミス 鉛筆デッサン 赤ちゃんの頭のプロポーション




関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー








拍手[0回]

PR