忍者ブログ

20Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27Mar

「花神」(上・中・下巻) 司馬遼太郎

Posted by somanybooks in NovelAndComic

幕末に長州藩の討幕軍総司令官となった大村益次郎(村田蔵六)の生涯を描いた本です。

  


■本の説明

寡黙で人付き合いが拙く、「火吹達磨」というあだ名を頂戴するほどの醜男。にもかかわらず、同時代の誰よりも秀でた語学力と緻密な計画力、それに先を見通す豊かな想像力で、寒村の医者から転じて医療・軍事の翻訳技師になり、最終的には討伐軍の総司令官となった村田蔵六の生涯を描いています。


■感想

「花神」は、司馬遼太郎さんの本の中で私の暫定一位です。(暫定二位が「坂之上の雲」、三位が「新撰組血風録」)

妻帯者でありながらある女性を愛してしまう、という表現が含まれるので、賛否両論起こりやすい小説ではあるのですが、私が技術者として日々を過ごしているので、栄達を求めず一技術者として愚直にひたすら技術を磨き続けた蔵六さんの生き様には学ぶところが多いです。

大坂で適塾の塾頭を務めるほどの秀才でありながら、家業(医者)を継ぐため故郷に戻らざるを得なかった蔵六さんですが、蘭学者を求める幕末という時代の需要に合わせる形で、長州から宇和島、宇和島から江戸へと蔵六さんの運命は次々と展開していきます。


■ 司馬遼太郎「鬼謀の人」(大村益次郎を描いた短編小説)

村田蔵六さんを描いた短編小説が、「鬼謀の人」という名前で司馬遼太郎作「人斬り以蔵」(文庫本)に収められています。長編「花神」を読んだ後では物足りなく感じますが、長編を読む時間が取れない方であれば、こちらの方が取っ付きやすいかもしれません。
個人的には、本のタイトルにもなっている「人斬り以蔵」の方がおすすめです。(武市半平太と岡田以蔵の関係を描いた短編です)





■ 宇和島への旅

村田蔵六さんの軌跡を訪ねて、愛媛県南部(南伊予)にある宇和島を旅しました。

宇和島には、蔵六さんが宇和島藩で過ごしていた頃の住居跡が残っていました。JR宇和島駅から南に徒歩15分ほど行ったところにあります。
 (住所:愛媛県宇和島市神田川原
  地図:http://loco.yahoo.co.jp/place/g-Qhf71i2qB2o/map/
  JR宇和島駅から南下し、神田川にぶつかったら川沿いに歩いていると看板が見つかります)

着いた瞬間、「あれ、狭いな」と感じる程こじんまりとした場所で、住居跡の目の前に美しい小川があり、鴨が1匹のんびりと泳いでいたのが印象的でした。(作者司馬遼太郎さんもこの川沿いを散策されるのがお好きだったそうです)

大村益次郎(村田蔵六)宅 家 住居 宇和島藩 目の前の川

住居跡には真っ白な石が敷き詰められていて、敷地の奥には綺麗な黒い石で作られた椅子と机があり、訪れた人が腰掛けて休めるようになっていました。宇和島周辺の蘭学関連の史跡案内のパネルも置かれています。

大村益次郎(村田蔵六)宅 家 住居 宇和島 史跡案内

宇和島は海に面しており、蔵六さんの住居跡から海へも徒歩10~15分程です。近くの道の駅では新鮮な魚が魚の形をしたまま売られており、魚も練り製品も美味でした。


■ 終焉の地(大坂)

大阪市内を自転車で走っている時、村田蔵六さんが息を引き取られた場所を通りすがりました。偶然とは恐ろしい...。
 (住所:大阪府大阪市中央区法円坂2丁目1番14号(大阪医療センター)
  地図:なし
  大阪市営地下鉄谷町線の谷町四丁目駅から徒歩でいけます。大阪医療センターという国立病院の敷地の角です)

見上げるほど大きな石碑が置かれていました。

村田蔵六 大村益次郎 終焉の地

村田蔵六 大村益次郎 終焉の地

師:緒方洪庵さんに蘭学を学んだ地で息を引き取られたのかと思うと、不思議な感慨が沸きました。最期にお世話になった病院が、病院として今も同じ場所に在るのも嬉しかったです。

  



関連リンク
・司馬遼太郎
 「花神」 司馬遼太郎

・小野不由美
 「月の影 影の海」小野不由美
 「東の海神 西の滄海」(十二国記シリーズ) 小野不由美

・村上春樹
 「風の歌を聴け」村上春樹
 「ノルウェイの森」村上春樹
 「国境の南、太陽の西」村上春樹

・著作権切れの本を無料で読む
  "青空文庫" (日本の本の無料電子図書館)
  "Project Gutenberg" (洋書の無料電子図書館)

・その他
 「すべてがFになる」 森博嗣
 「高慢と偏見」 Jane Austen

 「少年残像」 由貴香織里
 「ルードヴィッヒ革命」) 由貴香織里
 「はじめちゃんが一番!」 渡辺多恵子
 「BLACK JACK」 手塚治虫
 「残酷な神が支配する」 萩尾望都






拍手[0回]

PR