忍者ブログ

10Dec

「NHKラジオ英会話 What's New? 3」 大杉正明(監修)

Posted by somanybooks in LeaningEnglish

私のTOEICスコアを1年間で100点upさせた、ラジオ英会話の第3弾です。
特にリスニングが苦手な方におすすめです。


■本の説明

前作「what's new 1・2」の続編なんですが、話題が連続してる訳ではないので、1、2を聞いていなくとも特に問題ありません。

構成は前作と変わらず、中学2~3年レベルくらいの平易な英語で書かれた文章が50本掲載されていて、どの文章も1~2分で完結します。
文章短く楽しい話題が多いので、ビジネスマンに限らず幅広い方々が気軽に楽しめるリスニング教材だと感じています。


■ 感想

今回私の一番好きなトピックは、"Don't cut the baseball game"(野球の試合を切らないで!)です。このトピックはwhat's new 3から登場したビルさんが担当しているのですが、ビルさんのtalkの白熱っぷりが大変楽しいです(笑)

野球好きのビルさんがテレビで野球の試合にかじりついていたところ、9回で1点差、一打サヨナラのチャンス!という手に汗握る場面で、民放のCMが入り放送が途切れてしまいました。
アメリカじゃ絶対ありえないよ!と憤慨するビルさんの気持ちは、何だか分かるような気がします。

あんまりにもビルさんが白熱して語るので、

"One out to go, the game on the line, the highest point of the drama, and it's cut! Can anyone explain why?!""
(残りワンナウト、きわどい試合の一番いいところで、放送が切られてしまったんだ! 何だってこんなことになるのか、誰か説明できるかい?!)


という長文を、興奮したイントネーションもそのままに、丸々暗唱できるようになります(笑)

ビルさんはほかにも、"futon vs bed" (ふとんvsベッド)や、"no dryer, no problem" (乾燥機さえなければ問題はない)などなど、数々の名言と白熱したトークを繰り広げます。
このビルさん、私の中では"The・アメリカ人"というイメージなのですが、どうでしょう?


■英語学習のアドバイス

ちなみにもし語学教材を購入されるのであれば、CDとテキストの両方を買われる方が良いです。

語学教材全般に言えることなのですが、空き時間にCDを聞いてテキストを読みかえすようにすると、英語に馴染むのも早く、聞き間違えたまま覚えることもなくなります。
もし購入を迷われているのであれば、CDを優先的に購入してあげてください。その方が、英語が身につくのが早いはずです。


 

(左がテキスト、右がCD)



関連リンク

・大杉正明
「NHKラジオ英会話 What's New?」1 2 3

・TOEIC必修シリーズ(ジャパンタイムズ)
「TOEIC必修単語2700語」
「TOEIC必修イディオム1200語」 

・その他
「英語耳  発音ができるとリスニングができる」 松澤喜好
「ビジネス英語 ライティング表現1000」 イジユン
洋書入門編:ラダーシリーズ(ladder series)で英語の多読に挑戦
「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応」 宮下 裕介
「速読速聴・英単語Advanced 1000 ver.3 ― 単語900 + 熟語100」 松本茂
「英単語ターゲット1900」 宮川幸久
「まるごと使える電話英会話ミニフレーズ」
「あなたも2年でバイリンガルになれる! ― 福島式英語トレーニングメソッド」 福島範昌

・学習ツール
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY
「iPod classic 160GB」 Apple
「ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC33」 SONY
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・管理人の学習法
管理人の英語学習法(リスニング編、TOEIC400~750向け)
語学学習にリスニング活用
管理人の英語学習歴 

・英語仕事
和文英訳の仕事 その1:社内通達文
和文英訳の仕事 その2:プレゼンテーション資料 その3:メール応対






拍手[0回]

PR