忍者ブログ

23Dec

「キャリアを200%アピールできる職務経歴書の書き方」 上明戸聡

Posted by somanybooks in Business

職務経歴の複雑な方に、是非お読み頂きたい本です。


■本の説明

1998年出版という古い本なのですが、どの職種・業界を目指される方にもおすすめできる珍しい本です。

職務経歴書の書き方の基本を押さえたうえで、応募職種別(営業・技術・企画等)、職務経歴書の種類別(編年体キャリア体)に職務経歴書の書き方が説明されています

ただ、ビジネス書としては出版の古い本ですので、転職書類=手書きを前提として記述されています。パソコンの普及した現在では選考書類の大半がパソコンでの作成を前提としていますので、この点だけは無視してお読み頂く必要があります。


■ 感想

・実例が豊富かつ多様

この本が素晴らしいのは、とにかく職務経歴書の実例が豊富に掲載されていることです。

ただ数が多いだけではなく、キャリアの浅い方・社歴の長い方・転職回数の多い方・未経験者など応募職種だけでなく、個々の応募者の状況に合わせて、様々なバリエーションが用意されています。
20~30通りくらいの職務経歴書例が掲載されていますので、どの方にも、自分のキャリアをアピールするのに一番適した形式が見つけられるのではないかと思います。

・派遣社員の職務経歴書

私などは、自分のキャリアの途中に派遣社員を経験おり、その時の経歴が多様すぎるため、どんな職務経歴書にすれば良いやら皆目分からず困り果てていました。この本を読み実例を眺め、比較検討を重ねてみて、社歴ではなく職種ごとに作成するキャリア体の職務経歴書が自分に適していることが分かりました。

また未経験の職種に進む予定でしたので、自己PR欄を設け、志望理由を述べ自分の意欲を相手にきちんと伝える必要があることにも気付きました。
そうして選考書類を書き直してからは、3回に1回ずつくらいは書類選考を通過できるようになりました...良かったです!

ある本に、「履歴書と職務経歴書は、人生で最も重要度の高い書類です。この書類の良し悪しで、将来のチャンスと給与が決まります」と書かれてあり、今ならその言葉の意味が身に染みて分かります。

相変わらず、下らない選考書類を書くのも自分の長所を面接でこれ見よがしに語るのも苦手ですが、採用選考という不愉快なものが避けて通れない以上、なるたけ早いうちに職務経歴書の書き方をマスターしたいものですね。




関連リンク
 「企業の採用担当者が欲しがる転職時代の履歴書・職務経歴書の書き方」橋本佳奈
 「カーネギーの話し方教室」D.カーネギー
 管理人の簿記勉強方法





































拍手[0回]

PR