忍者ブログ

20Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17Aug

「クレヨン王国 黒の銀行」 福永令三 (著), 三木由記子 (イラスト) (講談社 青い鳥文庫)

Posted by somanybooks in BookForChild

クレヨン王国シリーズの中で、一番好きだったのがこの本です。



■本の説明

クレヨン王国は小学校の中~高学年向けに書かれたファンタジー小説で、シリーズ全体で20冊以上出版されているほど、人気を博している児童書です。

シリーズと銘打ってあるものの、1冊1冊お話が独立しているため、どの本から読み進めても差し支えありません。(ちなみに第一作目は「クレヨン王国の十二ヶ月」)



↑「クレヨン王国の十二ヶ月」


「クレヨン王国 黒の銀行」では、中学一年生の美穂ちゃん銀行員の彰子ちゃんが、おじいさんの家に行く途中銀行強盗に襲われてしまいます。2人は無事なのですが、彰子ちゃんの車ごと所持品はすべて奪い去られてしまいました。

仕方なく、2人はとぼとぼとおじいちゃんの家に向かって歩いていくのですが、道すがら黒いカードを拾います。そのカードは実は黒の銀行の預金カードで、黒いものであれば何でも100ブラック分だけ引き出せるものでした。

それを知った二人は、カードを使って、銀行強盗達に反撃を開始します……。

クレヨン王国 黒の銀行 福永令三 おすすめ本 児童書

クレヨン王国 黒の銀行 福永令三 おすすめ本 児童書


■ 感想

私は昔から、守られる女の子より、頭を使って頑張る女の子の方が好きみたいです(笑)

おじいちゃんの大好きな土地に土地開発という危機が迫っていて、2人自身も銀行強盗に襲われてしまう、というひどい状況から物語が始まるのですが、偶然拾った100ブラックカードが事態を救います。
知恵を絞って100ブラックカードでいろいろなもの引き出し、何とか銀行強盗を追い詰めるようとするさまが、読んでいてとても白熱しました。

クレヨン王国シリーズでは、「黒の銀行」と「七つの森」の2冊がとにかく好きでした。「七つの森」はユニークな夏休みの宿題に一人ひとりが向き合うお話で、こちらも清々しくて良いのですが、「黒の銀行」はアクションありの勧善懲悪もので、読後清々しいを通り越してスカッとします(笑) その点でも自分の気質に合っていたのかなあ、と大人になった今振り返ってみて思いました。

 

↑ 左が「黒の銀行」、右が「七つの森」


関連リンク

・ぐりとぐら
「ぐりとぐら」 なかがわりえこ
「ぐりとぐらのおきゃくさま」 なかがわりえこ

・物語
「しろくまちゃんのほっとけーき」 わかやま けん
「はらぺこあおむし」 エリック=カール
「ぽんたのじどうはんばいき」 加藤ますみ
「スイミー」 レオ・レオニ

・ノンフィクション
「こっきのえほん」 戸田やすし

・こまったさんシリーズ(寺村輝夫)
「こまったさんのスパゲティ」
「こまったさんのハンバーグ」

・まんがで学習
「まんがで学習おぼえておきたい俳句100」 小林清之介、山口太一
まんがで学習おぼえておきたい短歌100 」 萩原昌好、山口太一

・伝記
「エジソン―いたずらと発明の天才」 崎川範行
「人類をすくった“カミナリおやじ ― 信念と努力の人生・北里柴三郎」 若山三郎
「ベートーベン ― 運命の大音楽家」 高木卓

・物語
「セロ弾きのゴーシュ」 宮沢賢治
「クレヨン王国 黒の銀行」 福永令三
「チョコレート戦争」 大石真

・ノンフィクション
「21世紀こども百科」
「世界の歴史5000年」 七瀬カイ








拍手[0回]

PR