忍者ブログ

14May

「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし、文学の蔵(編集)

Posted by somanybooks in WritingJapanese


■本の説明

井上ひさしさんの文章読本。文章をどう書くべきかを作文と言う基本に立ち返り、一般の方々に向けてごくわかりやすく説明されています。
岩手で実際に開かれた作文教室で、井上ひさしさんが4日間かけて話されたことを書籍に仕立て直した本なので、全文が会話調で記されており読みやすく仕上がっています。


■主観的学び

・自分にしか書けないことを誰にでもわかる言葉で書く
  これが文章の秘訣

・夏目漱石の「自己本位」
  自分をよく知る

・常に辞書をそばに置く、辞書を持ち歩く

・読み手の「短期記憶」と「長期記憶」を利用する

・自分を指す人称代名詞は、ほとんどの場合削ったほうがいい

・「思ったことを文章にする」のはプロでも書けない
  小中学校の読書感想文偏重は間違い、できるはずがない
  見たものをそのまま文章にする

・井上ひさしさんの恩送り




関連リンク

・日本語を書く
「文章読本」 谷崎潤一郎
「『文』を『藝』にするヒント 基礎編,応用編」 菊池寛作家育成会
「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」 井上ひさし
「書き上手―『天声人語』の文章術」 栗田亘
「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤孝
「800字を書く力」 鈴木信一

・web writing
ウェブライティングで、気長に18,000字
ウェブライティングの裏側
ウェブライティングを始めるには
ウェブライティングという仕事
物書き業界に関する疑問と近況
ウェブライティング仕事で困ること その1






拍手[0回]

PR