忍者ブログ

19Feb

鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

Posted by somanybooks in Painting

社会人になってから今までに、3つの絵画教室でお世話になりました。
絵画教室は教室によって雰囲気や学び方が異なるので、ここで1件ずつご紹介してみようと思います。


■ N先生の個人教室

私が初めて通った絵画教室は、とても自由度が高くおおらかな教室でした。

・必須カリキュラムは鉛筆デッサン6枚だけ

体験入学を経て教室に入った生徒みんな、最初に2B鉛筆と練り消しゴムだけを使って、6枚だけ鉛筆デッサンを描きます。

 1. 白いプラスチックの植木鉢 (明暗を描く練習)
 2. 色つきの花瓶 (色のついたものを描く練習)
 3. リンゴ1つ (丸いものを描く練習)
 4. リンゴ1つと半分 (2物の関係を描く練習)
 5. ワイングラス (透明なものを描く練習)
 6. ランプ (中身のあるものを描く練習)

この6枚で絵画の基礎を学んで、後は自分の描きたい題材・使いたい道具(画材)で好きなものを描いていきます。


・好きなモチーフ・画材を選んで描く

例えば、鉛筆6枚・水彩2枚を描いた30代の女性は、その後パステル画に目覚め、写真や教室に置いてあるモチーフ(花・お人形など)を用いて美しいパステル画を5枚も10枚も描き上げられました。
また別の女性(60代)は、鉛筆6枚を仕上げた後、パステルで2枚、水彩で3枚、油絵で5~6枚と、いろいろな画材にチャレンジすることを楽しんでおられました。

描かれる題材も、花・野菜・ガラスビン・コーヒーミル・お人形・自分や姪っ子の顔・風景画などありとあらゆるものを、生徒が自分の興味に合わせて選びます。先生も「これはちょっと難しいわ」などど仰られながらも、生徒の描きたいものを全面的にサポートして下さいます。

私はと言うと、2B鉛筆1本で描きあげる楽しさにすっかりのめり込んでしまい、必須カリキュラムの6枚を仕上げた後3~4年が過ぎても、画材は2B鉛筆と練り消しゴムしか使ったことがないという有様でした(笑) 
写生会があった時も、初めての教室展覧会を開いた時も、2B鉛筆を相棒に、1枚3~4ヶ月をかけてゆっくりと絵を楽しみました。


・お茶の時間

特に気に入っていたのが、この教室にはお茶の時間があったことです。
毎週木曜日か土曜日の13時頃から集まり、イーゼルを組み立ててから絵を描き始めるのですが、15時を過ぎるころになると、誰からともなく「そろそろお茶にしよう」という声を上げ始めます(笑)

お中元で貰った余り物のお菓子を持ち寄ったり、食べたかったお菓子をスーパーで買い込んで来たり、先生がきちんとご用意して下さっていたりして、教室では不思議なほど、お菓子が尽きることはありませんでした。

春も真冬もお茶を煎れ、お菓子の乗った机を囲みながら、近所のおいしいパン屋さんの話や額縁の選び方の話など、他愛もない話に花を咲かせていたことが、とても懐かしいです。


・生徒たち

先生が快活でお話好きな女性だった所為か、生徒の側もほぼ100%が女性で、みんな「おしゃべり大好き!」という雰囲気から滲み出ていました(笑) 下は20代から上は80代まで幅広いのですが、先生が上手に教室を取りまとめてくださっていたので、特に揉め事が起こるようなこともありませんでした。

私は最年少と言っていいほど年齢が下だったのですが、主婦として仕事人として十二分に生きてこられた方と毎週話していると、物凄く勉強になります。しかも、仕事の進め方や姑との接し方、おいしいお菓子に選んではいけない男性のタイプまで、話題は幅広く話していてとにかく楽しい! おしゃべり大好きな女性に見せてあげてたいくらいでした。


・N先生

出会ったとき既に60代だったN先生の本職は、ある組織の経理・人事の事務員でした。先生は木曜日と土曜日の午後に同じビルの2階の一室を借り、生徒を集めて教室を開いてらっしゃいました。

先生と出会ったのは私が25歳頃のことで、絵とは全く無縁のあるセミナー会場です。私と先生の2人だけが偶然帰路が同じ方向で、「せっかくなのでお茶でも飲んで帰りましょう」という話になり、私が時折利用する喫茶店で初対面の先生と3時間話し込んだが、私にとって無上の僥倖でした。
その時初めて先生が、絵画教室を開かれていることを知り、「絵がお好きなら是非見にいらっしゃいよ」と誘われるがままに、絵画教室に通うという世界へ1歩を踏み出しました。

あの日先生と出会っていなかったら、喫茶店でお茶を飲まなかったら、と思うと、不思議な気分になります。あの一日がなければ、私は未だに絵への情熱を忘れ、日々の生活に追われるだけの社会人だったかもしれません。

私と出会ってから数年のちに、先生は大腸癌にかかられ、闘病むなしくその年の暮れにこの世を去られました。

先生からもう少し絵を教わりたかった、私の正直な気持ちです。先生が亡くなられてから5年以上経っても、この気持ちが変わることはありませんでした。
先生から教わった絵は、とても楽しく明るい気持ちのものだったので、私が絵を描くことを心から愛していられるのは間違いなくN先生のおかげです。



関連リンク
関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー





拍手[0回]

PR