忍者ブログ

31Dec

製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--

Posted by somanybooks in Painting

水彩は、先生に師事して専門的に学んだことはなく、水彩画の本を読み漁っての独学です。こちらを踏まえた上でお読みくださいませ。


■水彩絵具

中学生の美術の授業で買い与えられたものを、未だにメインで使っています。

水彩絵具 コープ

使い慣れた絵具の方が、色を混ぜる際に出来上がる色の想定がしやすいです。絵具を単色で使うならカラーチャートを作っておけば事足りますが、水彩は絵具を混色して使うことの方が圧倒的に多いので、混色のしやすさは重要なポイントです。(作業の速さから作品の出来栄えまで、製作全般に大きく影響してくるので)
あと、このCoopの絵具には、「きはいいろ(黄灰色)」やかなり赤みの強い「あかむらさき」など、何でこれが一般向けの製品に入っているんだろう、と首を捻りたくなる色が何本かあり、それらが私の好みに大変マッチして良い仕事をしてくれます(笑)

・カラーインク

サブとして、カラーインクをよく使います。
カラーインクについては → こちら

カラーインク ドクターマーチン

カラーインクを使うと、通常の水彩絵具にはない透明感とあざやかさな色を出せるのですが、カラーインク単品で使うとあざやかすぎて画面からそこだけ浮いてしまうように思うので、通常の水彩絵具と混ぜて使うことが多いです。

・ホルベイン透明水彩

ホルベイン 透明水彩

上記2つの絵具でも欲しい色がない場合は、ホルベイン透明水彩を使っています。10年以上経ってもチューブが錆びたり絵具が乾燥したりすることがなく、助かっています。




■水彩パレット

中学生の頃から、ずっとこのパレットを使っています。

水彩パレット 水彩絵具 筆

陶器でできたお皿のようなパレットもありますが、持ち運びや取り扱いのしやすさを考えると、プラスチックパレットの方が性に合っているようです。このパレットは2段階の折りたたみ式になっており、一度に多くの絵具を乗せてそれらを全て把握することができ、かつ、色を混ぜるスペースが広いところが気に入っています。



↑ amazonでよく似たパレットの取り扱いがありました。

amazonを眺めていて、絵具を置くスペースが広いパレットと、色を混ぜるスペースが広いパレットの大きく二通りがあるのかな、と感じました。絵具を置くスペースが広いパレットは、大きな絵を制作する方向けでしょうか。個人的には、混色であれこれ試行錯誤して、小さくても満足度の高い絵を描きたい派なので、混色スペースの広いパレットの方に軍配が上がりました。

また、パレットは殆ど洗いません。
プロの方も洗わない、というのをどこかの本で読んで以来、根がものぐさなのですっかり洗わなくなってしまいました。軽く10年以上洗っていないように思います。代わりに、絵具を混ぜる広い部分が汚れてきたら、水を浸した古布でふき取ります。

水彩パレット 水彩絵具

・チョコレートの箱をパレットとして使う

Van Gogh 固形水彩絵具 チョコレートの箱のパレット

最近変わり種のパレットも使い始めました。
チョコレートが入っていた小箱が、Van Gogh(ヴァン・ゴッホ)の固形水彩絵具の入れ物にぴったりだったので、パレットとして使ってみています(笑) Van Goghの絵具を普通のプラスチックパレットに乗せて使おうとすると、動いた拍子に床に落ちてしまって困っていたので、当面この菓子箱パレットで様子を見てみようかと思います。

Van Gogh 固形水彩絵具 チョコレートの箱のパレット


■水彩筆・筆入れ

水彩筆・筆入れ

↑私が一番よく使う筆

水を多く含む柔らかい筆が、個人的にはとても使いやすいです。この筆のほかに、細かい部分を描く細い筆と、水を画面いっぱいに広げられる太い筆を併用しています。

筆入れは、中学校の美術授業で買い与えられたものを未だ使用中です。水彩の画材はこれがとても多いです...(笑)


■水入れ

水入れには全くこだわりがなく、ジャムの空き瓶や和風だしの入っていたプラスチックのボトルを流用しています。
たっぷりの水で絵具を溶かすと水彩特有の透明感が出るそうなので、コップより大きいサイズの入れ物を使う方が水彩絵具の良さを生かせると思います。


関連リンク
・管理人の水彩色鉛筆画
ガラスボトル~炭酸シリーズ~ 青いワインボトルと色つきランプ

・管理人の鉛筆デッサン
Tequila and Karugamo Old Radio ボウルとトイレットペーパー スコップとくるみ 電球とクリップ オイル缶とさいころ グラスとレモン 
グラス 紙コップ タオル 木片 球体 立体オブジェクト ブックエンド  トイレットペーパー ウィスキーボトルとグラス 古いランプ 新しいランプ 川の風景画 花びんと薔薇
足1 足2 足3 手1 手2

管理人の鉛筆デッサン(落書き)歴
鉛筆デッサンの教室 --N先生の個人絵画教室--

・画材
製作で使用している画材紹介 -- 水彩絵具・パレット--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 鉛筆・練り消しゴム--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- クロッキー帳--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 画用紙--
鉛筆デッサンで使用している画材紹介 -- 落書きファイル--
「鉛筆ホルダー(30本収納)」 Derwent
「ドクターマーチン (シンクロマチック14色)」

・その他
名画マグネット(冷蔵庫用)を自作する

・人物画
「やさしい人物画」 A・ルーミス
「やさしい顔と手の描き方」 A・ルーミス
「人体デッサン」 視覚デザイン研究所
「スーパーデッサン人物1 顔・からだ篇」 鶴岡孝夫

・水彩画
「はじめてみよう 水彩スケッチ―観察のコツと見せかたのテクニック」 岩沢一郎
「旅先で楽しむ3段階早書きスケッチ」 佐々木清

・水彩色鉛筆
「きたのじゅんこ 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック」 きたのじゅんこ

・色彩理論
色彩検定2級 勉強法・問題集・感想など
色彩検定3級 勉強法・試験・感想など
「色彩検定2級問題集」 ヒューマンリソシア株式会社
パーソナルカラー






拍手[0回]

PR