忍者ブログ

29Dec

マイクロソフト社の無料セキュリティソフト "Microsoft Security Essentials"(セキュリティエッセンシャルズ)

Posted by somanybooks in InformationTechnology

マイクロソフト社が無償配布しているセキュリティソフトを、7年ほど前からプライベートPCで愛用しています。無料なのに、シンプルで信頼性が高いところがお気に入りです。


"Security Essentials"のダウンロードはこちらから
(マイクロソフト"Security Essential" ダウンロードページ)



■ ソフトウェアの説明

"Security Essentials"を和訳すると「必要不可欠なセキュリティ」という意味で、その名の通り、PCを保護するための基本的なセキュリティ機能を備えているソフトウェアです。
ソフトのインストールもウイルス定義ファイルの更新も、ともに無料です。

Security Essentialsは、以前4,000円ほどで販売されていた"One Care"(ワンケア)というセキュリティソフトがベースとなっています。
PCに感染するウィルスが海外を中心に暗躍してきたため、マイクロソフト社が無償配布に踏み切ったという経緯があります。



↑ ワンケアはこちら


ネットブックなどスペックの低いPCでも動作するよう開発されているので、通常のノートPCやデスクトップ型PCであれば、動作の遅延を感じることがほぼありません。(お使いのPCに搭載されているCPUとメモリの容量に依りますが)



■ 感想

・高い信頼性

セキュリティソフトをどれにしようか迷われているのでしたら、有料のソフトを購入される前に、セキュリティエッセンシャルズを一度お試し頂きたいです。

私がセキュリティエッセンシャルズを使い始めて早7年程経過し、その間にPCを変えたり、OSを変えたり、アプリを入れ変えたりしましたが、今のところ一度もウィルスには罹っていません。支障なく安心して使い続けていられる点は、さすがマイクロソフト、といったところでしょうか。
先立っては常駐先の企業のPC80台と弟と友人のPCに、security essentialsを導入しましたが、どのPCにも、今のところトラブルは出ていません。

"Security Essentials"のベースとなったOne Careというソフトも、動作が非常に軽く、使ったことのある人には好評なソフトだったそうなのですが、マイクロソフト社は宣伝下手なので、残念ながらあまり売れなかったようです。
マイクロソフト社は、値段がお高い分システムの仕様がしっかりしている製品が多いので、市場に価値を認められなかったのは残念だなと思います。

・一通りの機能が備わっている

業務の都合上、McAfee VirusScan EnterpriseやSymantec Endpoint Protectionなど、他社のセキュリティソフトを扱う機会も多いのですが、個人PCで使用するのであれば、機能的にはセキュリティエッセンシャルズで十分かなと思います。
スキャンに使用するCPUの使用割合を変更することもできますし、スキャンしたくない箇所は除外設定も可能です。



■ なぜセキュリティソフトをPCに入れるのか

IT関連の仕事に従事されている方でも、なぜセキュリティソフトがPCに必要なのか、という事を理解されておらず、仕事中に眩暈を感じることがあります...。

セキュリティソフトを入れると、セキュリティソフトはPCの中で常駐(PC起動後からPCをシャットダウンするまでずっと動作している)しますので、CPUやメモリなどPCのリソースを使ってしまい、PCの動作は少し遅くなります。セキュリティソフトを入れない方が、PCの動作は早いんですね。
ではどうして、そこまでしてセキュリティソフトを入れないといけないのでしょう?

答えは、「第三者から攻撃を受けるから」。

ご自分のパソコンに何のセキュリティ対策も施さずインターネットを利用している方は、「自宅の窓と戸を常時開け放していることと同じ」で、「どうしてお金を払って鍵を取り付ける必要があるの?」と大都会に住む大人が真顔で聞いているのと同じ、と考えて頂ければ分かりやすいと思います。

パソコンもサーバもインターネットに接続して使用することが多く、世界中の人と常時繋がっています。世界中の方がみな善良で、他人に害をなそうという意志がないのであれば、セキュリティソフトは不要かもしれません。

ですが実際には、インターネット上に飛び交うメールの約9割がスパムメール(受信者の意向を無視して勝手に送り付けられるメール)で、ウイルスやマルウェアを勝手に送り付けられパソコンから個人情報やクレジットカードの情報を盗み出される、といった事例は後を絶ちません。
しかも高いITスキルを持った方は他人のPCを遠隔操作ロボットのように操ることができるので、自分のPCが勝手にロボットにされ、他人を攻撃するのに加担させられる可能性もあります。
挙句、インターネット上の犯罪について高齢の日本の政治家の反応は鈍く、法整備が遅れているのが現状です。

最低限自分にできる範囲でお使いのパソコンを守るために、セキュリティソフトを入れてからご利用下さい。



■ 使用上の注意点

セキュリティソフトは、2種類同時に入れておくことができません。PCに既に別のセキュリティソフトが入っている場合は、そのセキュリティソフトを削除した後"Security Essentials"を入れることになります。



"Security Essentials"のダウンロードはこちらから
(マイクロソフト"Security Essential" ダウンロードページ)




関連リンク

・IT系資格
応用情報処理技術者試験 勉強法
基本情報処理技術者試験 勉強法
初級システムアドミニストレータ(現:ITパスポート)
MCA Platform (Microsoft Certified Associates Platform)
MCA Security (Microsoft Certified Associates Security)

・ルータ
「無線LANルーター Air Station WHR-HP-GN」 BUFFALO

・ソフトウェア
「Security Essentials」 Microsoft(無料セキュリティソフト)
「windows 7 home premium」 microsoft
「windows 7 professional」 microsoft
「windows 7 ultimate (enterprise)」 microsoft

・IT系書籍
「Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉 」 アンク
「インターネットのしくみ超入門」 日経NETWORK
「ホームページ辞典」

・ノイズキャウンセリングイヤホン
「MDR-NC22 B」 SONY
「MDR-NC33」 SONY

・マウス
ワイヤレスのブルートラックマウス

・カセットレコーダー
「ポータブルカセットテープレコーダー(TCM-400 C TCC )」 SONY

・ICレコーダー
「ステレオICレコーダー ICD-UX71/W」 SONY

・iPod
「iPod classic 160GB」 apple


・USBメモリ
「USBフラッシュメモリ 16GB」 SONY

・外付けハードディスク
「ポータブルハードディスク 『カクうす』 320GB HDPC-U320」 アイ・オー・データ機器

・テキスト入力
「デジタルメモ『ポメラ』 DM5スパークリングシルバー」 キングジム

・電子辞書
「Ex-word 電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル」 CASIO

・充電池
「eneloop」 パナソニック電工・SANYO
「cycle energy」 SONY

・スマートフォン
「ソニー・エリクソン公式 Xperiaガイドブック」








拍手[0回]

PR