忍者ブログ

17May

家事の時短:手作りクエン酸水で節約掃除

Posted by somanybooks in Housekeeping

ルンバとクエン酸水とセスキ炭酸ソーダ水なしに、自宅の掃除を語れなくなってきました。
時短で節約もできて手軽、と良いこと尽くしなので、日本の家庭用洗剤のデフォルトはクエン酸水&セスキ炭酸ソーダ水になればいいのに、と思っています。



■使い方

クエン酸粉末 クエン酸水 スプレーボトル ペットボトル 掃除 家庭用

1. クエン酸を水に溶かす
 500mlの水にクエン酸の粉末を大さじ1~2杯溶かし、空のペットボトルか100均で購入したスプレーボトルに入れます。

2.汚れを落としたいところにクエン酸水をかける
 蛇口など面積の小さいところは、スプレーで2〜3回。浴室の床など面積の広いところなら、ペットボトルから直接コップ1杯分くらいかけます。

3. クエン酸水をかけたところを擦ります
 掃除用のブラシで20〜30秒磨いてあげてください。

4.クエン酸水を水で洗い流します。
 心持ち多めの水で十分に流して下さい。電化製品など水をかけられないところは、水で濡らした雑巾でクエン酸水を拭き取って下さい。

我が家は、風呂場と台所の掃除によく使います。

クエン酸粉末 掃除 家庭用 パッケージ説明文表

クエン酸粉末 掃除 家庭用 パッケージ説明文裏


■感想

家事の中で掃除が一番好きなので、お値段が安くて、心置きなくたっぷり使える掃除用洗剤を探していたところ、クエン酸セスキ炭酸ソーダに行き着きました。

・風呂場と台所が十分に綺麗になる(洗浄力がある)

以前は市販の風呂用液体洗剤を使っていましたが、そうした洗剤とほぼ変わらない洗浄力があります。
風呂場のぬめり・赤カビ・黒カビもクエン酸水で掃除できますし、鏡の曇りも綺麗になります。ただ、ゴム製品やタイルの目地に深く入り込んだ黒カビは落とせないので、年1度の大掃除の際にカビキラーを購入して落としています。
週末ごとの日常清掃の範囲内であれば事足りるレベル、でしょうか。

・金属製品がぴかぴかになる

水道の蛇口や流しのシンクなど、クエン酸をスプレーしてから磨くと金属がぴかぴかになります。手垢で汚れたところが1分ほど磨くだけで見違えるほど綺麗になるので、是非一度お試し頂きたいです。ちょっと病みつきになるほど、高い満足感が得られます(笑)

手作りクエン酸 ステンレス 鉄 金属 磨く

↑ クエン酸水で右の瓶だけ磨いてみました。金属部品(瓶の蓋の部分)はこんな感じになります。

・臭いを消す力がある

クエン酸は酸性なので、尿から出るアンモニア臭などアルカリ性の臭いを消してくれます。トイレの尿はねに抜群の力を発揮しますので、トイレの拭き掃除にもおすすめです。

・持ちが良い

クエン酸は粉末タイプのもの800gを850円で購入したのですが、大さじ1杯の量を500mlの液体に溶かして使うので、使っても使ってもあまり減りません。週1回程度の掃除で現在3年目に突入したので、費用対効果はかなり良いと思います。

・頻繁に買い替える必要がない

以前市販の液体洗剤を使っていた時は、2~3ヶ月に1回ずつくらい買い足す必要がありました。買い物の際に1リットル近い液体を持って帰ることになるので「重いし意外と手間だな」と感じていたのですが、粉末クエン酸に切り替えてからはそうした手間がなくなりました。

・肌に優しい

クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれており、食品添加物に用いられるものでもあるので、人体に無害だそうです。
私も素手でクエン酸を触ることがありますが、手あれや皮膚ただれなどを起こしたことはありません。電気ポットや食器洗い機の洗浄にも使えるそうです。

・環境に優しい

写真を見て頂くと一目瞭然ですが、水に溶けた後のクエン酸は無色透明で無臭です。泡も全く立ちませんので、ごく近くで見ても単なる水のように見えます。市販の洗剤はよく泡立ち、その泡が下水を通ってそのまま川や海に流れて環境を汚してしまいますが、クエン酸ではそういった環境汚染は起こりにくいと思います。
幼い頃から清流での川遊びが大好きで、我が家の近くにも大きな川が流れていることを思うと、お財布にも環境にも優しい洗剤は有難いです。


■注意事項

・塩素系洗剤に混ぜると危険

塩素系洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスが発生します。取り扱いには十分ご注意ください。

・スプレーボトルにかびが生えることがある

クエン酸の粉末と水道水を混ぜたものをスプレーボトルに入れて長期保存すると、スプレーボトルの内側に黒い斑点のようなカビが生えることがあります。また、白っぽくふわふわしたくらげの様なもの(かび?)が生えてしまうことがあります。
その際は、下記の4つの方法で洗浄・消毒しています。

(1)中に入っているクエン酸水を捨て、水かアルカリ性の液体(セスキ炭酸ソーダなど)を入れてよく振る

クエン酸は酸性なので、生えてきたかびは酸性の環境だと育ちやすいカビです。ですので、中性の水かアルカリ性の液体を入れると、死滅します。

(2)スプレーに水とペットボトル用のスポンジを入れてよく振り、かびをこそぎ取る
 スプレーボトルはそのままだと洗いにくいですが、百均で売っているペットボトル用のブラシやスポンジを使うと、あっさり落ちます。

(3)熱湯を入れて10秒くらい振る(熱湯消毒
 熱に強いスプレーボトルなら熱湯消毒も効果的です。ただ、百均のスプレーボトルには熱湯をかけるとプラスチックが溶けてしまうものがあるので、ご注意下さい。
 私は百均だから壊れても仕方ないと割り切って、容赦なく熱湯消毒しています(笑)

(4)日当たりのよいところに干す(日光消毒
 最後に、直射日光の当たるところに丸1日干してしまいます。

4つすべてを実施する必要はないと思うので、やりやすいものから順に試してみて下さい。


■ 保存方法

掃除用粉末クエン酸 skinfood 密閉容器 保存方法

クエン酸は湿度を嫌うので、密閉出来る入れ物が望ましいです。私は、使い終わったクレンジングクリームの保存容器にコンビニのプラスチックスプーンを入れて保管しています。
クレンジングクリームの入れ物は、可愛らしいので良いですね。部屋の中に放り出しておいても掃除の汚らしさを感じさせないので、重宝しています。


■ 重曹との違い



粉末状の掃除洗剤、というと重曹を使われている方も多いようです。こちらも環境と体に優しい洗剤で私も数ヶ月間使ってみたことがあるのですが、個人的にはクエン酸かセスキ炭酸ソーダの方が良い、と感じました。

重曹は洗浄力が弱いためたっぷり使っても汚れが落ちず、掃除時間を節約したいのにいらいらを募らせてしまうことが何度かあったので、結局使わなくなってしまいました。

  

↑ 管理人は左端と中央の商品を使用しています。


関連リンク
・全般編
家事の時短:シザーバッグ(小物入れ)

・掃除編
家事の時短:セスキ炭酸ソーダ水で家を掃除する
家事の時短:手作りクエン酸水で節約掃除
ルンバで日本の家(段差の多い二世帯住宅)を掃除する
家事の時短:洗剤なしで食器洗いが出来るスポンジ(アクリルたわし)
家事の時短:水だけでがんこ汚れを落としてくれる白いスポンジ(メラミンスポンジ)
家事の時短:お酢を掃除用洗剤として使う
家事の時短:台所に洗濯ばさみを常備する
家事の時短:風呂場はS字フックで収納する
「そうじ以前の整理収納の常識」本多弘美

・料理編
家事の時短:ダイエットレシピ本「やせるおかず 作り置き」(柳澤英子さん著)を活用
家事の時短:電子レンジで焼き魚が作れるお皿(ふしぎなお皿)
「おいしいね 電子レンジ」栗原はるみ
「男の腕まくり 旨い麺」ムック
「男子食堂別冊 男子のパスタ最強図鑑」ムック
「和食の設計図」野崎洋光
アオハタのレモンカード

・その他
ぴよちゃんの抱き枕









拍手[0回]

PR