忍者ブログ

11Feb

国立大学教養課程のフランス語の授業の教科書(長文読解編)

Posted by somanybooks in EtudierLeFrancais

大学1回生の前期初めてフランス語に触れた時の、長文読解の教科書が出てきたので、掲載してみます。


■ 表紙



「音読を大切にする 文法・読本」(中村 啓佑 (著), 武田 英尚 (著) )という教科書でした。
amazonでも、残念ながら取り扱いはないようです。




■ 第一回目の授業

長文読解の授業も文法の授業も、どちらもフランス語の単語の発音規則を学ぶところから始まりました。英語と違い単語を見れば初学者でも発音ができるので、「分かりやすい言語だなあ」と思ったのを覚えています。





↑ テキスト2ページめと3ページめ。
私はメモを取らないと覚えられないので、授業を真面目に聞くと、教科書はすぐメモだらけになります(笑)




関連リンク
・トレーニングペーパー
読解編
文法編(1)-(2)
単語編

・辞書
「Le Dico」(仏和辞典)
"Ex-word電子辞書XD-GF7250 フランス語対応モデル" CASIO

・管理人の学習法
国立大学教養課程のフランス語の授業
国立大学文学部のフランス語の授業
実用フランス語検定試験の勉強
管理人のフランス語学習方法
管理人のフランス語学習歴
国立大フランス語(必修課程)で使った教科書

・その他
「パリのカフェ100」
「パリは屋根裏―暮らしてみた普段着の街」 やなぎもと なお
「ヴァレリー・セレクション」 Paul Val´ery (原作)、松田浩則・東宏治 (翻訳)
「フランス語で広がる世界」 日本フランス語教育会議編

拍手[0回]

PR