忍者ブログ

20Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23Dec

「企業の採用担当者が欲しがる転職時代の履歴書・職務経歴書の書き方」 橋本佳奈

Posted by somanybooks in Business

外資系企業への転職を考慮されている方に、おすすめです。


■本の説明

簡単な自己分析や、履歴書・職務経歴書・英文履歴書の書き方を説明した本です。巻末には、自分が今の会社の何に不満を感じているかをチェックするチェックシートなども用意されています。
特に、英文履歴書外資系企業での面接の記述が充実しています。


■感想

転職で企業を選ぶ際、外資系企業だからという理由だけで応募出すケースは稀と考えています。少なくとも私の場合、志望する業種や職種で職を探していて、応募しようと思ったら外資系だった、というケースの方が多数でした。

ですが、いざ外資系に応募するとなった途端、書類の書き方から面接対策まで日本企業の常識が通用しなくなるので、良い企業を見つけてから本を探して書類用意していたのでは、到底間に合いませんでした。なので、あらかじめ外資系対策も視野に入れて本を選ぶのは、非常に有用だと思います。

ただ、外資系企業での書類・面接に関してきちんと言及されている本は、あまり多くありません。大抵は、巻末に数ページが用意されているだけの端役扱いになっていることが多いです(笑) でもこの本は、英文での添え状の書き方や例文、採用試験を受ける時の心構え、それに面接質問集まで付いていたので有難かったです。

また、やや余談になりますが、転職対策本は複数読んでおいた方が良い、と実際に面接を受け始めてから感じました。読めば読むほど自分がどうして通らないのかが分かり、書類でも面接でも通過できる確率が上がってきます。1000円~2000円の出費でより良い仕事が決まるなら、費用対効果としてはなかなかに悪くない選択だと思っています。





関連リンク
 「キャリアを200%アピールできる職務経歴書の書き方」上明戸聡
 「カーネギーの話し方教室」D.カーネギー
 英語仕事:社内通達文
 






































拍手[0回]

PR