忍者ブログ

20Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28Dec

「ベートーベン―運命の大音楽家」 高木卓

Posted by somanybooks in BookForChild

子どものころに繰り返し読んだ伝記からもう一冊。音楽にひたむきに打ち込むベートーベンの生涯が、読む人の心をとらえて離しません。


■あらすじ

声楽を仕事とする飲んだくれの父親に育てられたベートーベン。父ヨハンはベートーベンを、世界で演奏旅行を重ね13歳で神童と呼ばれたモーツァルトのようにしたくてたまらず、夜中の2時でもベートーベンを叩き起して熱心にレッスンを行います。

その甲斐もあり持ち前の才能をぐんぐん伸ばしたベートーベンは、10代にして宮廷音楽士として働き出し、作曲をしたり貴族や侯爵の家でピアノを教えたりするようになります。

ですが音楽に打ち込む日々の中、ベートーベンの耳は徐々に聞こえなくなっていきます。遺書を書き、一時は自殺まで考えたベートーベンでしたが、もう一度音楽に向き直り素晴らしい曲を生み出し続けていきます。


■感想

この本を読んでいた時私はまだ小学4年生くらいで、クラシック曲を聴く習慣がなかったので、どの曲がベートーベンのものなのかは全く分かっていませんでした。ですが、この本は大好きで何度も読み返していたのを覚えています。

ベートーベンの音楽への情熱は、本当に人の心をとらえて離しません。音が聞こえなくなることが音楽家である彼にとってどれほど苦しいことだっただろうと思いますが、それでも生きることと音楽をやめなかったベートーベンの姿勢は、時を経ても美しくかつ素晴らしいと思います。




    

↑ 伝記シリーズ。緑の表紙のこのシリーズはどきどきしながら何度も読みました。


関連リンク
 61-児童書(幼児)
・ぐりとぐら
「ぐりとぐら」 なかがわりえこ
「ぐりとぐらのおきゃくさま」 なかがわりえこ

・物語
「しろくまちゃんのほっとけーき」 わかやま けん
「はらぺこあおむし」 エリック=カール
「ぽんたのじどうはんばいき」 加藤ますみ
「スイミー」 レオ・レオニ

・ノンフィクション
「こっきのえほん」 戸田やすし


62-児童書(小学生)
・こまったさんシリーズ(寺村輝夫)
「こまったさんのスパゲティ」
「こまったさんのハンバーグ」

・まんがで学習
「まんがで学習おぼえておきたい俳句100」 小林清之介、山口太一
まんがで学習おぼえておきたい短歌100 」 萩原昌好、山口太一

・伝記
「エジソン―いたずらと発明の天才」 崎川範行
「人類をすくった“カミナリおやじ ― 信念と努力の人生・北里柴三郎」 若山三郎
「ベートーベン ― 運命の大音楽家」 高木卓

・物語
「セロ弾きのゴーシュ」 宮沢賢治
「クレヨン王国 黒の銀行」 福永令三
「チョコレート戦争」 大石真

・ノンフィクション
「21世紀こども百科」
「世界の歴史5000年」 七瀬カイ











































拍手[0回]

PR