忍者ブログ

23Dec

「エジソン―いたずらと発明の天才」 崎川範行 

Posted by somanybooks in BookForChild

小学生向けのエジソンの伝記です。エジソンがとにかくかっこいいです。


■あらすじ

エジソンは昔から好奇心旺盛な子。先生を質問攻めにして、ついには小学校を追い出されてしまいます。
でもお母さんにはげまされたエジソンは、働きながら自分の好きな実験と物づくりをし続けます。11才の時には新聞の売り子をしながら汽車の中で化学実験をし、汽車を白煙でいっぱいにしてこっぴどく怒られたり、作った装置がぜんぜん認められなかったり、何かと苦労も多いのですが、とにかく物作りが止まりません。

大人になってもそれは衰えるどころか、電話の開発と特許取得で科学者ベルと争ったり、電球を発明するのにありとあらゆる材料を試した挙げ句赤字の値段で売り出したり、周りのだれもが「無理だ」と考え驚くようなことを次々と成し遂げ成功させてしまいます。


■感想

わずか11才で働きながら実験三昧の日々というのは、子ども心にも羨ましかったです。私自身もカレンダーから家を組み立てたり、彫刻刀であちこち切って母を慌てさせるような子どもでしたから、11歳にして物作りと実験を自分なりに繰り返しているエジソンの姿は、とても魅力的でした。

また、数多くの失敗と障害を積み重ねて、それでもめげないエジソンの姿勢が素晴らしいです。エジソンは、本当に物づくりが好きだったんでしょうね。度重なる失敗や障害にも、「諦める」という選択肢が彼にはないんです。好きだから続ける。いいものを作ることができれば何よりも嬉しい。そんな気持ちが、本の端々から伝わってきます。




  

↑ 伝記シリーズ。ベートーベンもかっこよくておすすめです。


関連リンク
 61-児童書(幼児)
・ぐりとぐら
「ぐりとぐら」 なかがわりえこ
「ぐりとぐらのおきゃくさま」 なかがわりえこ

・物語
「しろくまちゃんのほっとけーき」 わかやま けん
「はらぺこあおむし」 エリック=カール
「ぽんたのじどうはんばいき」 加藤ますみ
「スイミー」 レオ・レオニ

・ノンフィクション
「こっきのえほん」 戸田やすし


62-児童書(小学生)
・こまったさんシリーズ(寺村輝夫)
「こまったさんのスパゲティ」
「こまったさんのハンバーグ」

・まんがで学習
「まんがで学習おぼえておきたい俳句100」 小林清之介、山口太一
まんがで学習おぼえておきたい短歌100 」 萩原昌好、山口太一

・伝記
「エジソン―いたずらと発明の天才」 崎川範行
「人類をすくった“カミナリおやじ ― 信念と努力の人生・北里柴三郎」 若山三郎
「ベートーベン ― 運命の大音楽家」 高木卓

・物語
「セロ弾きのゴーシュ」 宮沢賢治
「クレヨン王国 黒の銀行」 福永令三
「チョコレート戦争」 大石真

・ノンフィクション
「21世紀こども百科」
「世界の歴史5000年」 七瀬カイ











































拍手[0回]

PR